ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Drop’s、映画『無伴奏』主題歌 「どこかへ」が本日より配信スタート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『無伴奏』のDrop’sによる主題歌「どこかへ」が、本日3月16日より配信スタートした。

©2015「無伴奏」製作委員会
©2015「無伴奏」製作委員会
同映画は、直木賞受賞作家・小池真理子の半自叙伝的同名小説を『三月のライオン』『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司が監督を務め、主演の響子役を成海璃子、渉役を池松壮亮、渉の友人・祐之介役を斎藤工がそれぞれ演じる。

矢崎監督からの「たったひとりに向けてのラブソング」というオーダーに「どこかへ」は書き下ろされた。「もし世界中を敵にしてもかまわない」「もし今日目の前がまっくらでも味方するよ」「もしどこにも永遠がなくても今は知らないふり」等、何があっても揺るがない強い愛が歌詞に散りばめられている。

歌、演奏ともに一発録りで行っており、ボーカル・中野ミホの息遣いや、アコースティックからバンドサウンドになり盛り上がっていく様子が感じとれる。

『無伴奏』に出演している斎藤工もDrop’sを気に入り、Vo&Gの中野ミホを自身のbayfmラジオ番組『TAKUMIZM』(毎週土曜23:30-23:57)のゲストに指名。番組は3月19日にオンエアされる。

また、Drop’sは「Drop’s 2016 TOUR MARCH WITH ME」ワンマンツアーを3月18日の東京・代官山UNITを皮切りにスタートする。

成海璃子(野間響子役)「どこかへ」へのコメント
「どこかへ」を初めて聞いたのは、映画の完成試写でした。この作品につく音楽としては最初は意外に思いましたが、エンディングで聞いていると不思議と映画の雰囲気と合っていて、とても感激しました。

池松壮亮さん(堂本渉役)「どこかへ」へのコメント
素晴らしかったです。1960年代70年代の声を現代の普遍的な声として主題歌にされていて、『無伴奏』という作品世界を底上げしてもらえたように思います。映画と共に、どこかへ届く事を願っています。

配信情報

「どこかへ」配信中
<配信サイト>
iTunes:https://itunes.apple.com/jp/album/id1089851087?app=itunes&ls=1
mora:http://mora.jp/package/43000014/NOPA-1099/
レコチョク:http://recochoku.com/k0/NOPA-1099/

番組情報
bayfm『TAKUMIZM』
毎週土曜23:30-23:57
3月19日(土)の放送に中野ミホがゲスト登場。

ライブ情報
「Drop’s 2016 TOUR MARCH WITH ME」
日時:3月18日(金)
OPEN18:00/START18:30
場所:東京・代官山UNIT
<チケット>
[P:286-896][L:70868]e+
問い合わせ:VINTAGE ROCK std. 03-3770-6900

日時:3月24日(木)
OPEN19:00/START19:30
場所:愛知・名古屋APOLLO BASE
<チケット>
[P:285-868][L:46470]e+
問い合わせ:JAILHOUSE 052-936-6041

日時:3月25日(金)
OPEN18:30/START19:00
場所:大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE
<チケット>
[P:286-664][L:56485]e+
問い合わせ:PLUMCHOWDER 06-6357-6969

日時:3月27日(日)
OPEN17:00/START17:30
場所:北海道・DUCE Sapporo
<チケット>
[P:286-682][L:16250]e+
問い合わせ:Mount Alive 011-623-5555

関連リンク

YouTube / Drop’s channelhttps://www.youtube.com/user/dropschannel
■Drop’s official Sitehttp://drops-official.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP