ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【京都のタイ料理屋】 北山下鴨中通東入ル「チャンノイ」で食べた『ムーパットプリックタイダム』

  • ガジェット通信を≫


หมูผัดพริกไทยดำ ムーパットプリックタイダム
タイ風豚肉の黒胡椒炒め

北山通り近くにお洒落なタイ料理レストランがあると知り、行ってみた。レストランの名前は「チャンノーイ」。タイ語で書くと「ช้างน้อย」。小さい象(子象)って意味やね。


行ってみて、まず目についたのは店の前にあるトゥクトゥク。実際に走ることはあるのかな?


店内はちょっと照明暗め。落ち着いた雰囲気やね。お店の名前に合わせてか、小さい象の置物が幾つか置いてあった。
メニューを見ると、どの店でもお決まりのパッタイ、グリーンカレー、カオマンガイなどのメニューが並ぶ。その中で気になったのは「今日のランチ」。今日はどうやら「ムーパットプリックタイダム」の日らしい。あんまり日本で頼んだことないので、早速注文!+200円追加して、トムヤムクンセットにしてみた。


どどんと登場。メイン以外の食べ物はちょっと量が少なすぎて、盛り付けがサビシい感じ。でも、いろんな種類の食べ物が乗っかっているのであれもこれもと楽しめる。アラカルトだと考えれば満足度は高い。
特筆すべきは、+200で追加したトムヤムクン。結構大きいエビがどんっと入っている。200円という値段を考えると、これはかなりお得なんじゃないだろうか。(スーパーで1尾買っても、150円くらいすると思うので…。)

サイドディッシュは、トムヤムクンの他に、ガイヤーン、サラダ、ラープ風の味付けがされたお肉、それから…ヤムウンセンかと思いきや春雨入りのザーサイみたいな味の付け合わせだった。


肝心のメインディッシュ、ムーパットプリックタイダムがこちら。何気にこの料理、ブログで紹介するの初めてだよね。タイだと何気ないありふれたメニューすぎて注目していなかったな…。忙しいOLが時間の無い中、慌てて食べる昼食って感じ。(←個人の勝手なイメージだけどね。。。) 


パクッと一口。当然だけど肉も野菜もタイで食べるよりずっと良いモノを使っているので、やたらウマい。笑
コショウの風味もしっかり出ていて、それでいて辛くなく、オイスターソースの味わいも強すぎず、絶妙な味わいだった。

シェフが北タイイ出身なのに、北タイ料理が常設メニューになかったのがちょっと残念だったけど、味わいは間違いないし、追加のトムヤムクンはお得だし、行く価値あるお店だった〜。^O^

CHANG-NOI

街かどタイ料理! - トムヤムBlog -の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP