ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラムボン全国ツアーで“ライヴ撮影OK”! ライヴ動画サービス「VIDEO Clipper」提供開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マルチカメラ・ライヴ動画サービス「VIDEO Clipper(ビデオクリッパー)」が3月16日よりiOSアプリで配信開始された。

「VIDEO Clipper」は、コンサートなどのイベントにおいて、複数のユーザーが様々な場所からアプリ内カメラで撮影(※撮影できるのは主催者や施設、会場により動画撮影が許可されているものに限る)、リアルタイムで複数の映像が生配信されるサービス。

視聴者側は、カメラマンとして参加したユーザーの撮影した全ての映像を、好みのアングルに切り替えながらライヴ視聴して、コメントを投稿することができる。活況が続くライブエンタテインメント市場で、新たなライヴの楽しみ方と感動の共有を提供したいという想いから株式会社フェイスから登場した無料アプリだ。

このサービス開始を記念して、クラムボンのライヴ・ツアー〈clammbon 2016 mini album 会場限定販売ツアー〉とのコラボレーションが決定。クラムボンの3月17日東京・新代田FEVER以降に行われる全10ヶ所のライヴにて、来場者はライヴ中の模様の一部を「VIDEO Clipper」で撮影することができる。撮影された映像は、「VIDEO Clipper」アプリ内においてリアルタイムで一般公開、その後7日間アーカイブされ、会場外でもクラムボンのライヴをマルチアングルで楽しむことができる。

今回、会場ではアナウンスされた時間帯のみスマホで撮影が可能となっている。クラムボンのライヴ・ツアーに足を運ぶ方で、iPhoneをお持ちの方はぜひ「VIDEO Clipper」でライヴの模様を撮影してみてほしい。詳細は下記URLへどうぞ。(岡本貴之)

・クラムボンのライヴ・ツアーとのコラボ詳細
https://clipper.events/v1/static/clammbon2016
・Video Clipper公式サイト
https://clipper.events/
・クラムボンの音源はOTOTOYから配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/501/

「VIDEO Clipper(ビデオクリッパー)」
2016年3月16日日本配信開始
配信形式:iPhone、iPad向けアプリ
利用料:無料
※HD品質(1280 x720)の撮影及びブロードキャストは有料サービス。
対応OS:iOS
配信地域:日本・全世界(初期リリースは中国・韓国・台湾を除く)
対応言語:日本語、英語
https://itunes.apple.com/jp/app/video-clipper-raibuwo-gong/id1053782735?mt=8

●VIDEO Clipper クラムボン〈clammbon 2016 mini album 会場限定販売ツアー〉 
コラボレーション概要
クラムボンのライブツアー「clammbon 2016 mini album 会場限定販売ツアー」にて、3月17日以降のライブの一部を「VIDEO Clipper」で撮影することができます。
カメラマンが撮影した映像は「VIDEO Clipper」アプリ内においてリアルタイムで視聴が可能。7日間アーカイブされます。

〈clammbon 2016 mini album 会場限定販売ツアー〉
2016年3月17日(木)東京都 新代田FEVER
2016年3月18日(金)東京都 新代田FEVER
2016年3月21日(月・祝)岡山県 CRAZYMAMA KINGDOM
2016年3月23日(水)兵庫県 チキンジョージ
2016年3月24日(木)京都府 磔磔
2016年3月26日(土)神奈川県 Yokohama Bay Hall
2016年4月1日(金)北海道 札幌PENNY LANE24
2016年4月3日(日)北海道 帯広MEGA STONE
2016年4月5日(火)岩手県 Club Change WAVE
2016年4月6日(水)宮城県 仙台MACANA

※当日のライブツアーチケットをお持ちの方のみ撮影にご参加いただけます。
※会場でアナウンスされた時間帯のみ撮影可能となります。
※動画はスマートフォンでのみ撮影できます。
※他の鑑賞者の鑑賞を妨げるような撮影はご遠慮ください。
※フラッシュの使用はご遠慮ください。
※一脚、三脚、自分撮りスティック等、補助機材の使用はご遠慮ください。

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP