ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

介護問題 日本型福祉「とりあえず家族に」の限界

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 高齢化が進む日本社会において大きな問題となっている介護。施設に入れたり、ヘルパーを頼んだりするにはお金がかかる。それが頼めなければ家族が看るしかなく、金銭的にも肉体的にも大きな負担がのしかかる。介護離職や、老々介護の末の殺人事件も後を絶たない──。

 しかし、国の予算がない、現場の人手も足りない、増える高齢者。介護問題の解決策が見えない状況のなか、町ぐるみで取り組んでいる自治体もある。

 福岡県大牟田市では、2004年から毎年、認知症SOSネットワーク模擬訓練を行っている。市内全域の小学生を含めた3000人以上が参加し、認知症役の高齢者を発見して声かけをする。歩いている高齢者を見つけると、警察に通報。FAXや市のメール配信システムなどを通して、公共交通機関や市民に情報伝達される。この取り組みは、実際に効果をあげているという。介護に詳しい健康社会学者の河合薫さんはこう話す。

「米国やカナダでは、介護ビジネスが発達し、社会というより企業が面倒を見る体制になっています。また、フロリダなど温暖で暮らしやすい地域のなかには、娯楽施設の充実や、移動が全てゴルフカートでできるなど、高齢者が住みやすい街作りがされていて、高齢者は積極的に移住しています」

 オランダには認知症患者が適切なケアを受けながら、“普通の人と同じように生活できる”村がある。アムステルダム郊外のその村には、スーパー、劇場、美容室やレストランなどがあり、一見すると普通の街並みだが、そこに住むのは全員認知症と診断された人だ。介護を行うヘルパーや医師は住人たちとともに生活しながらサービスを運営する。

 村人は村の中をどこでも自由に移動ができて、普通の生活が送れる。万引きしても、村の中ならおとがめナシだ。

 入居にかかる費用は老人ホームなどに比べると安価で、村人たちは食欲が増したり、寿命が延びたりするなどの傾向も見られるという。

「国が手厚く面倒を見るのは北欧です。スウェーデンなどはひとりあたりの社会保障負担は日本の約2倍とすごく高いですが、そのぶん国は最後まで面倒を見てくれる。老人ホームなどの施設サービスも地方自治体が担い、ホームヘルパーサービスも充実している。若い人たちは、自分の老後のためにお金を払っていると思えるのです。

 日本は、日本型福祉社会と呼ばれ、“介護・育児は家族で!”という1970年代後半に示された方針を続けています。家族のカタチもライフスタイルも変わったのに、国がしっかりとした指針も示さずに、“とりあえず家族に”と曖昧にしていることが問題です」(河合さん)

※女性セブン2016年3月24日号

【関連記事】
自治体の介護サービス 練馬区には高齢者の出張調髪サービス
老母の家が認知症でゴミ屋敷化 子が問題解決までを綴った本
特養老人ホームの入居を望むなら実態より低い要介護認定は禁物

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP