体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

大阪・難波「自由軒」のカレー。その至極の味を再現できるか【料理解析・旅情編2】

f:id:Meshi2_IB:20151130183937j:plain

大阪 難波「自由軒」ご飯とカレーが〝あんじょうまむされ〟た至極のカレー【料理解析・旅情編2】

前回、食い気のためだけに大阪に来た我々ですが、

「わざわざ来たんだからもっと色々食べたいよね」と私。

「確かにそうね」と妻。

「我々は夫婦だよね?」

「そうね」

「『夫婦善哉』って小説知ってる?」

「いいえ」

f:id:Meshi2_IB:20151130183938j:plain

「織田作之助という人が大阪を舞台に書いた短編小説で、そこで紹介されてる有名なカレー店があるんだよね」

「ようするに、食べに行きたいのね」

「……はい」

ということで、難波にある洋食の「自由軒」さんへ。

明治43年創業の老舗で、大阪で特徴的なカレーと言えばここで出される「名物カレー」とのウワサを聞きつけてやって来ました。

f:id:Meshi2_IB:20151130183939j:plain

万全を期して開店前に来店したのですが、もうかなりの人が並んでいます。

f:id:Meshi2_IB:20151130183940j:plain

さあ開店です!

f:id:Meshi2_IB:20151130194126j:plain

席に着いてメニューを色々と吟味。店内もレトロでなかなか良い雰囲気です。

ここの「名物カレー」はあらかじめご飯とカレーが混ぜてあり、その上に生卵がパカリとかけてあるという、ちょっと変わったもの。

ちなみに、大阪のカレーといえば基本ビーフカレーで、生卵をのせることもよくあるそうですが、この「カレーに生卵をのせる」という習慣を広めたのが「自由軒」だという話もあります。

f:id:Meshi2_IB:20151130183942j:plain

食べ方も「織田作(織田作之助の愛称)好みの」と小さく書かれつつ、店オリジナルの〝四代目ウスターソース〟をかけ、生卵とご飯をよくかき混ぜるというのがおススメ。

f:id:Meshi2_IB:20151130183943j:plain

さっそく注文し、待つことしばし……

f:id:Meshi2_IB:20151130183944j:plain

やって来ました「名物カレー」(680円)!

コレが織田作が愛したカレー。『夫婦善哉』の主人公蝶子と柳吉夫婦が食べ、柳吉曰く「自由軒のラ、ラ、ライスカレーはご飯にあんじょうま、ま、ま、まむしてあるよって、うまい」(『夫婦善哉』織田作之助著、青空文庫より)と語らせています。

f:id:Meshi2_IB:20151130183945j:plain

早速、〝まむして〟いただきます!

(あ、ソースをかけるのと生卵を混ぜる順番を間違えましたが、まあ良いでしょう)

「うまい!」

東京人のクセに思わず〝う〟にアクセントが付いてしまうぐらい美味しい。

1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。