ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

まさにヴァルハラ! 世界最大のIMAXシアターで『マッドマックス 怒りのデス・ロード』がリバイバルされるぞ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


日本では2015年6月20日に公開された『マッドマックス 怒りのデス・ロード』。
その狂気的ともいえるエネルギッシュさと重厚な知性を感じさせるストーリーが話題となり、アカデミー賞では6部門を達成した。
ホームメディア発売後も各地で4DXやIMAXリバイバル上映がなされるなど、宗教的ともいえる人気を得ている本作が、世界最大のIMAXシアターでリバイバル上映されるようだ。

オーストラリアのシドニーに存在する世界最大のIMAXシアター『IMAX Sydney』で2016年3月16日と3月22日にリバイバル上映される。日本からチケット購入は可能である。

このシアターはIMAXフィルム(アスペクト比1.44:1)での上映に対応しており、スクリーンサイズは縦29.42m×横35.73mと世界最大を誇っている。
福岡のスペースワールドに存在するIMAXフィルムシアターは縦21m×横28mなので、これよりもさらに大きなスクリーンとなる。
なおマッドマックスはデジタル上映なのでIMAXフィルム本来のアスペクト比である1.44:1での上映にはならないので注意してほしい。

また2016年3月24日からは『バットマンvsスーパーマン/ジャスティスの誕生』がIMAXフィルムで上映される。こちらは一部シーンがIMAXフィルム特有の1.44:1の映像になるので、デジタルの狂気とフィルムのスーパーヒーローを見比べてみるのも一興かもしれない。

※画像はIMAX公式より
https://www.imax.com.au/films/mad-max-fury-road/

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: sayotama) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP