ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

婚姻届の親の同意欄を偽造して提出されました。対処法はありますか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

婚姻届の親の同意欄を偽造して提出されました。対処法はありますか?

Q.

 私の未成年の娘が成人している男性との婚姻届を親の同意欄を自分で書いて提出してしまいました。相手の男性はその事実は知らなかったと言っています。
 この場合、男性は何かしらの罪には問えないのですか?そして自分の娘を訴えることはできないのでしょうか?
 相手の男性は人間性がよくわからず、とても娘を心配しているのですが、二人とも聞く耳を持ちません。1度受理されてしまった婚姻は取り消せないと聞いたのですが何か対処方法はないでしょうか?よろしくお願い致します。

(40代:女性)

A.

 男が18歳以上、女が16歳以上でなければ婚姻できず(民法731条)、未成年者が婚姻する場合は、父母のいずれかの同意が必要であるとされます(民法737条各項)。そのため、役所に提出する婚姻届には父母の同意欄が設けられています。
 ただ、書面提出だけで婚姻届が受理されてしまうため、ご相談者様のような事例が生じうるのが実情です。

 まず、男性あるいは娘さんを罪に問うたり、訴えたりすることができないかどうかについて回答いたします。
 この点、婚姻届に記載する父母の同意欄では、印を押すのが通常ですから、「有印私文書偽造罪」(刑法159条)もしくは、「公正証書原本不実記載等の罪」(刑法157条)が成立する可能性はあります(公文書偽造罪は成立しません。この点はご相談内容から内容が逸れるため、念のための補足として記載します)。

 しかし、相手の男性は(娘さんがした)偽造の事実を知らなかったということであれば、故意がなく(共犯一般も成立しないため)男性を罪に問うのは難しいと考えます。
 一方、娘さんについての罪は成立しそうです。ですが、家庭内の問題にあまり警察は立ち入りたがらない傾向があるため、警察に相談したとしても捜査を行い起訴まで行うかは疑問符がつきます。

 次に一度受理されてしまった婚姻届を無効化できないかという点について回答いたします。
 この点、一定範囲の不適法な婚姻について、親族が婚姻の取消しを家庭裁判所に対して請求できる旨が規定されていますが(民法744条)、父母いずれかの同意を得ないでなされた婚姻については取消原因となっていないため(民法744条民法737条を除外している)、残念ながら取り消し得ないという結論になってしまいます。

 こうなると、心配されるのもごもっともですが対処方法がないと言っても過言ではありません。
 むしろ、人間性がよくわからないということであれば、まずは相手の男性としっかり話し合いの機会を持ち、理解するように努めてはいかがでしょうか。そして、それでも娘さんを任せるに足りる人物ではないと考えれば、娘さんを説得して、離婚を促すなどの対応しかないと考えます。
 ご心配かとは思いますが、まずは、対話からはじめてはいかがでしょうか。

元記事

婚姻届の親の同意欄を偽造して提出されました。対処法はありますか?

関連情報

DVをする友人の彼氏を何かの罪に問うことは出来ますか?(なっとく法律相談)
実の子供に何らかの罪を問うことはできるでしょうか?(なっとく法律相談)
未成年の子が婚姻するときの同意って?(法律クイズ)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。