ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsung、Galaxy S5用のAndroid 6.0カーネルソースを公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Samsung が開発者向けのポータルサイトで「Galaxy S5」用の Android 6.0 向けカーネルソースを公開しました。Galaxy S5 の Android 6.0 アップデートはまだ始まっていませんが、カーネルソースの公開によってファームウェア自体は既に完成していると考えられ、まもなく配信されると予想されます。カーネルソース は Android のコア部分となる Linux カーネルのソースコードのことです。カーネルは各種ハードウェア管理・操作のためのドライバやアプリなどのソフトウェアとハードウェアを繋ぐ機能を提供しています。現在カーネルソースが公開されているのはグローバルモデルの「SM-G900F」のみ。国内版のカーネルソースは未公開です。まずはグローバルモデルのアプデートが最初に行われると予想されます。また、ポータルサイトの情報によると、リリース版の PDA ビルドは「G900FXXU1CPB8」になります。。Source : Samsung

■関連記事
GeForce Nowでセガとワーナーブラザーズがゲームを配信
HTCが「HTC One M10 / HTC 10」の新ティザー画像を公開、「カメラ」を強調
KDDI、1GBの低額データプラン「データ定額1」を3月23日に提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP