ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国No.1長者の息子 ネットの話題人物ランクでNo.1に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 中国のインターネット上で話題になった人物のランキングがこのたび発表された。ナンバー1に選ばれたのは、中国の長者番付ナンバー1の大連万達集団(ワンダ・グループ)の王権林・会長の息子である王思聡氏である。

 思聡氏はペットの犬の前足に最新式の「iウォッチ」を2つ着けるなどの行動が物議を醸すなど、そのお騒がせぶりから、「王権林会長の唯一悩みの種」と伝えられるなど、中国内では常に話題を呼んでいる。中国のIT関連誌「互聯網週刊」が発表した。

 思聡氏は1988年生まれの28歳で、総資産は40億元(約700億円)といわれる。王氏と結婚すれば「一生安泰なので、誰もが憧れる」という意味で、「国民の夫」の愛称で知られる。

 とはいえ、小さいころから「思うことはすべて叶い、苦労をしたことはない」などといわれるだけに、その言動は驚きを通り越して、常識外れであることが多い。

 たとえば、「付き合う相手に金があるかどうかは関係ない。どちらにしても、自分より金を持っている人間はいないから」と発言したり、「恋人選びで最も重視するのはカラダだ」などと言い切る。

 このような発言を1200万人ものフォロワーを持つ自身の微博(ウェイボ)でツイートするなどして、そのお騒がせぶりが際立っており、世間の非難を浴びている。

 また、ある女性が昨年、ワンダ・グループが経営する映画館で頼んだポップコーンが容器の8割しか入っていなかったと書き込むと、書き込みを見つけた王思聡氏が「一生涯、ポップコーンをタダにします。文句言われたら、映画館のマネージャーから私に直接電話をかけさせて」と請け合い大きな話題になった。

 実際、映画館のマネージャーからその女性に連絡があり、本当に「ポップコーン生涯無料」が約束されたという後日談が伝えられており、王氏の伝説に一つ加わっている。

 ただ、書き込みの中には「金の力だけに頼り、頭の中身は空っぽ」などの批判もあり、若いころから苦労して世界有数の不動産デベロッパーに成り上がった立志伝中の人物である父・権林氏とは「父子ながら、まったく対照的な人物」との指摘もなされている。

【関連記事】
中国人男性観光客に「中央線沿線でラーメン食べ歩き」が人気
中国のネットで「南鳥島も古来より中国領土」との意見出る
ネットに登場の「中国人クズ番付」など中国の民意に迫った本

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP