ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

振り幅大きい刑事を演じ分ける舘ひろしに「定年なし」評

DATE:
  • ガジェット通信を≫

『あぶない刑事』シリーズでの“タカ”役がおなじみの舘ひろし(65才)が、2月から始まったドラマでも刑事を演じている。主演するNHKBSプレミアム『クロスロード』で、『あぶない刑事』とはまったく対照的な役柄を好演していると評判だ。コラムニストのペリー荻野さんがこのドラマも見所と、今月で66才を迎える舘ひろしのいまだ“現役”の演技について解説する。

 * * *
 NHKBSプレミアム『クロスロード』は、久々に石原軍団色の強いドラマだ。主人公は、青梅中央署警務課の尾崎(舘ひろし)。元本庁のエリート刑事だったが、25年前のある事件がきっかけで、捜査の一線からはずされ、今は都内遠隔地の警察署を転転とさせられている。
 
 一方、25年前、尾崎を窮地に陥れた記事を書いた張本人、新聞記者の板垣が、もうひとりの軍団重鎮神田正輝。さらに尾崎が勤務する青梅中央署の署長が徳重聡という布陣である。さっそく、第一話で尾崎と板垣、因縁のふたりが再会、至近距離ですれ違う場面は、約40年前のドラマ『大都会 闘いの日々』で石原裕次郎と渡哲也がすれ違いざまに向き合う場面を彷彿とさせた。この『大都会』では、裕次郎が新聞記者、渡が刑事。神田正輝は新人記者役で俳優デビューしたドラマでもある。

 かつては、敵と戦うため、ヘリを飛ばすのは当たり前。本物の煙突を倒し、船を炎上させ、実在のレストランを爆破したことすらあった石原軍団の刑事ドラマ(ちなみに煙突には鉄骨が入っているため、それを切断してから倒す必要があり、船は沈没させると大変なので浮いた状態で残るよう消火に気をつけたのだとトーク番組で舘自身が語っていた。(気をつけて炎上させるって…)だが、今回は静かなおとなの人間ドラマということで、破壊シーンは現時点では皆無。管轄内で未解決の強盗殺人事件に関係しているらしい白骨死体が発見されたというのに、制服姿の尾崎の仕事といえば捜査本部になる部屋に黙々とパイプ椅子を並べるのみ。捜査会議にも出してもらえないのである。
 
 尾崎は定年まであと二年。「不完全燃焼でやり残したことがある」と片道二時間もの電車通勤に耐えている。近況を聞いた義父に何時に起きるのかと聞かれると「四時です」ときっぱり。ひええ、舘ひろしの口から朝四時早起きセリフが出るとは!
 
 すっかり牙を抜かれたかに見える舘ひろしだが、それは早とちりというものだった。たとえば、妻を亡くした尾崎が、ひとりいきつけのバーで飲む場面。マスターにことわりもなく、針を落としたレコードからはサックスのムード満点の演奏が。ただのしおれたおじさんではない雰囲気が漂う。

 さらに尾崎の射撃シーン。黒い円の的を撃ち抜くたびにできる穴からのぞく鋭い眼光はまぎれもなく、いつもの暴れ刑事の眼。そりゃそうだ。今冬公開された映画『さらば あぶない刑事』では、定番のバイクにまたがってショットガンを撃ちまくるシーンがあったばかり。牙はバッチリ現役だ。

 黒サングラスの小粋なコメディ刑事とサングラスなしのまじめ刑事。二種類のモードを使い分ける舘ひろし(1950年生まれ。私生活ではコンビニに行ったことがなく、10年前『おしゃれイズム』で初体験。支払い前にポテトチップスの袋を破いて食べるなどやりたい放題。また電車にも乗らないため、JRをうっかり国電などと言っちゃう)刑事にまだまだ定年はなし! ドラマや映画の上で何度定年を迎えようと、他の作品では不死鳥の如く復活する。それが舘ひろし永遠の刑事魂なのだ。

【関連記事】
「取り調べでカツ丼は出る?」など警察の実態を解説した一冊
21才俳優・吉沢亮 オトナ女子との恋愛は「全然ありです」
『相棒』特命係は実在 『太陽にほえろ!』殉職法は俳優希望

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP