体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

鮮やかな桜×チューリップの競演♪春ドライブで訪れたい大分の花見名所6選

別府公園

桜や菜の花・チューリップなど、春の花は色鮮やかで、見ているだけで心が癒されますよね。

そんな春の花を満喫できる、大分のおすすめお花見スポットを、じゃらん編集部が厳選してご紹介します!チューリップ×桜の2大競演が華やかな別府公園や、名曲『荒城の月』で有名な岡城址など、この季節ならではの魅力が詰まったスポットが大分には充実♪

気がついたら見頃が終わってた…なんてことのないよう、ベストシーズンをチェックしてお出かけしましょう◎

1.別府公園

咲いた、咲いた、チューリップと桜♪春の2大花の美競演

別府公園

広大な園内。北東部の池周辺に桜とチューリップが咲き誇り、絶好の撮影ポイントに

広さ27.3haと広大な敷地の別府市民憩いの場。公園の中央には日本最古のクリスマスツリーと呼ばれるヒノキが鎮座する中、春は約100本のソメイヨシノが彩りを添える。また桜の開花とほぼ同時期にチューリップやビオラ、ポピー、ナデシコなど春の花が同時開花。まるで花のパラダイス!

桜Data

【見頃】3月下旬~4月上旬

◆観賞料:無料

◆本数:約100本

◆品種:ソメイヨシノ

◆ライトアップ:なし 別府公園

TEL/0977-21-1285(別府市公園緑地課)

住所/大分県別府市大字別府字野口原3018-1外

営業時間/終日開放

「別府公園」の詳細はこちら

2.岡城阯

岡城阯

瀧廉太郎の名曲『荒城の月』で有名な史跡。100万㎡の広大な敷地に天守閣などは今はなく、城の石垣のみが残り1500本の桜が彩る。大手門へ続く坂を見上げる景観は歴史情緒にどっぷりと浸れる。

桜Data

【見頃】3月下旬~4月上旬

◆観賞料:無料

◆本数:1500本

◆品種:ソメイヨシノなど

◆ライトアップ:なし

◆イベント:未定 岡城阯(おかじょうし)

TEL/0974-63-4807(竹田市商工観光課)

住所/大分県竹田市大字竹田2761

営業時間/9時~17時

定休日/年末年始

料金/300円、小・中学生150円

「岡城阯」の詳細はこちら

3.光永寺

光永寺

本堂の裏手にある樹齢約200年のしだれ桜。幹の下から見上げれば、その巨木から華麗な花が降り注ぐよう。夜間はライトアップされた桜が闇夜に浮かびあがり、寺院が幻想的な雰囲気に包まれる。道が狭いので、車の場合は走行注意!

桜Data

【見頃】3月下旬

◆観賞料:無料

◆本数:1本

◆品種:しだれ桜

◆ライトアップ:あり(日没~21時30分頃) 光永寺(こうえいじ)

TEL/0979-43-2451

住所/大分県中津市三光田口1307

営業時間/見学自由

アクセス/車:東九州道中津ICより10分

駐車場/10台

4.両郡橋

両郡橋

大分市との境目に近い広場で咲き誇る桜。目の前には別府湾が広がり、清々しい気分で観賞することができる。紺碧とピンクの対比は見惚れる美しさ。振り返れば背後には高崎山のヤマザクラがあり、ロケーションも最高!

桜Data

1 2次のページ
じゃらんニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。