ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

学生さん必見!就活に有利な資格3選

DATE:
  • ガジェット通信を≫

就活のスタート時期が年々後ろ倒しになってきている昨今、より短期間で自分自身をアピールする力が求められる環境になってきました。ここでは、面接で見られやすいポイントと、就活を控えた学生にオススメの”就活に有利な資格”を一挙にご紹介します。

面接ではココが見られている!チェックしておくべきポイント


まずは笑顔で目を見て会話できるか?

基本的なことと思われるかもしれませんが、普段の行動から出来ていなければどこかぎこちない表情になってしまいがちです。自然な笑顔で話す姿は相手に安心感を与えることができますし、相手の目を見て話すこができれば自信を持った話し方に映ります。目を見て話すのが苦手な方は、相手の鼻のあたりを見るように意識してみましょう。

清潔感のある服装ができているか?

服装はリクルートスーツで決まりかもしれませんが、細かなところへの注意も欠かせません。靴をきちんと磨いておくことや、シワのついたスーツをいつまでも着続けず定期的にクリーニングに出すなど、いつでも清潔感のある服装で臨めるようにしておきましょう。就活が長引いている場合には特に注意が必要ですよ。

誠実な受け答えができているか?

面接において重要なポイントは、嘘や偽りの発言をしないことに尽きます。面接官によく見られたいがために背伸びをした回答をしてしまう気持ちはよくわかりますが、そうしたことは後々バレてしまうものです。質問に対して的確な受け答えを誠実にできることが、あなたの評価につながるものと覚えてください。

使えるスキルをしっかりアピール!就活に効く資格とは?


秘書検定

就職を目指す高校生から大学生にオススメの資格が、秘書技能検定です。経営トップなどをサポートする能力を習得できるため、試験ではスケジューリングやファイリングの基礎知識に始まり、接遇マナーや文書作成技術、果ては経営学や会計に関する知識まで実に幅広い内容の知識が問われます。どの業界でも共通して活用できるスキルとして、エントリーシートや面接で十分アピールできる資格になるはずです。

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)

MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)とは、文字通りワードやエクセルなどオフィス製品の利用スキルを証明するための資格です。自分の主観で「エクセル、ワードが使えます!」とアピールするよりも、客観的な見方でのパソコン操作スキルを証明してくれます。パソコンが使えるというのは就職後も強みとなりうるスキルですので、就職活動の際には強いアピールポイントとなります。

TOEIC®

TOEIC®

とは、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。リスニングとリーディング、それぞれ100問ずつで構成されており、最高990点のスコアにて英語能力を評価します。英語検定しか持っていないという方は、今の英語力をアピールする材料としてテストを受けておくことをオススメします。

大事なことは、資格ではなくそれを活用して何ができるか?面接を通じてしっかりアピールしておきましょう。

せっかく取った資格でも、持っているだけでは何の意味もありません。大事なことは、それを活かして何ができるのかということです。就活においては、取得した資格を会社でどのように生かすことができるのか、面接で十分にアピールしておきましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

転職で評価されるスキルが身につく!おすすめ資格6選
一生おひとりさまでも私、大丈夫?20代後半女子の将来のお悩みを解決する資格
入社以来、ずっと事務職。これといった強みがない…20代後半女子の仕事スキルのお悩みを解決する資格

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ケイマナニュース!の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP