体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

帰宅が遅くなっても、ありもの&コンビニで大丈夫! 忙しいときのお助けレシピ×5品(主食にサラダ、スープ、デザート付)

f:id:blog-media:20160307235449j:plain

こんにちは、ホマレ姉さんです。

遅くまでお仕事をしているみなさま、ご苦労さまです。仕事をたくさん抱えて、毎日のように残業……って人も多いのではないでしょうか?

そんな忙しい日は外食で済ませてしまうのもいいですが、毎日続くとなると栄養の偏りが気になるし、出費もかさんでしまいます。

そこで今回は、夜遅くに帰宅しても、お家で簡単に作れるレシピのご紹介です。使う食材も普段置いてありそうなものをできるだけ利用しています。

主食が2品、サラダとスープ、それと食後のデザートのレシピです。今日帰ってからでもすぐ作れちゃいますよ。

ご飯が炊けてなくてもすぐできる! ぶっかけうどん

f:id:blog-media:20160307235447j:plain

食べるラー油と豆腐の冷やしぶっかけうどん

最近、家庭で食べるうどんが美味しくなった……って思いませんか? たぶん「冷凍うどん」って商品が開発されたおかげですね。

ホマレ姉さん家の冷凍庫にも必ずこの「冷凍うどん」が入っていて、お昼どきにはササッと、ご飯が炊けてないときにもパパッとうどんを作ります。

ササッとかパパッとか……大袈裟だと思われるかもしれませんがホントです。「冷凍うどん」はね、レンジで3分30秒加熱すればOKなんですから。

今回のレシピは栄養価も考慮して、豆腐を加えた「ぶっかけうどん」。食べるラー油が入るので、最後は冷やした麻婆豆腐のようになって2倍楽しめます。

安い! 旨い! 早い! おまけに片づけも楽チン! 帰宅が遅くなった日はこんな4拍子揃った「ぶっかけうどん」は、いかがでしょうか。

材料(1人分)

冷凍うどん1袋卵1個絹ごし豆腐150g 1パック細ネギ適量削り節・食べるラー油適量醤油または市販の3倍濃縮つゆ適量

作り方

ネギを小口切りにしておく うどんをレンジで1袋当たり3分30秒加熱し、冷水で冷やし水気を切っておく 器に2.を入れ、豆腐を適当に崩しながらのせ、中央に卵黄をそっと置く 削り節と小口切りしたネギをのせたら食べるラー油を好みの量かける 醤油または濃縮つゆをサッと回しかける

ご飯があれば素早く作れるチャーハン

f:id:blog-media:20160307235445j:plain

お漬物で作るQチャーハン

まず冷蔵庫を開けてみてください! 一人暮らしの方は、あまり食材が入っていないかもしれませんが、お漬物が入っていたりしませんか?

今回はそのお漬物を使ってチャーハンを作ろうと思うのですが、お腹が空いていても慌てないでくださいね。

美味しいチャーハンを作るには調理中の手際の良さがカギを握ります。そのために、まず材料をすべて揃え 、下準備を済ませてから調理に入るのが大切です。

火は最初から最後まで強火! ご飯をマヨネーズでコーティングしているので鍋に油をひく必要はありません。

水分の多い漬物は必ず最後に加えるようにしてください。ご飯を炒め始めて3分程度で完成させるのが理想です。

材料(1人分)

温かいご飯200g漬物(今回は「きゅうりのキューちゃん」を使用)1/3~1/2袋くらい漬物の汁小さじ1/2ネギ適量マヨネーズ大さじ山盛り1醤油小さじ1/2鶏ガラスープの素3つまみ

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。