体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

新生活なにを買う? ごはんのもちもち具合が選べる炊飯器など『ヨドバシAkiba』で家電めぐりしてみた

トップ画像用 もちもち

家電。新生活が始まる際に必須のアイテムは、大きな買い物だけによくよく吟味したいものですが、いったい何を買えばよいのだろう……? とお悩みの方も多いのでは。

今回、秋葉原へ越して新参者のガジェット通信記者が『ヨドバシAkiba』店舗の売り場を回遊。この春に注目の新製品家電を探すべく店内をお散歩しました。

新生活グッズ売り場GO! 生活家電の5階フロアへ

IMG_7399

さっそく生活家電の5階フロアの売り場へ訪れると、サイズを測る紙テープを発見。自宅のサイズ感に合わせてお買い物できます。

新生活セット

売り場中央には、新生活セットがどどーん。選ぶの何にしようか、優柔不断な方はコレをどーんと買っちゃえばよさそう。

横目にみつつ、こだわりたい派の編集部記者はずいずいと売り場の奥へ。

賢い! 最新の炊飯器はお米のもちもち具合まで選べるぞ

IMG_7428

まず訪れたのは、炊飯器コーナー。日本の美食“究極のごはん”を目指し、進化しつづける炊飯器たち。新生活にまず欠かせないアイテムといえましょう。

IMG_7418

「極め羽釜」「かまど本羽釜」「ふっくら」「もちもち」など、売り場のキャッチコピーをながめているだけでも、昨今の炊飯器はおりこうそうです。

IMG_7464

土鍋で炊く、あのごはんの旨さをしっかり再現する機能美あふれる内釜。

手に持ってみると、ずしり……。

意外にしっかり重量感があります。これが至高のごはんを炊き上げる釜。

白い炊飯器 象印

象印『極め羽釜』(型番:NP-QA06-WZ)。3.5号炊きのタイプ。象印史上最高峰のおいしさを求めたという極め羽釜シリーズのこの炊飯器は

「しゃっきり」「ややしゃっきり」「ふつう」「ややもちもち」「もちもち」と、炊き上がりの状態を選べるモードが搭載。

極めはねがまのモード

圧力の強さと、圧力をかける時間を調整して、しゃっきりからもちもちまで好みの食感や料理に合わせて炊き分けられるのだそう。

1 2 3次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。