ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

精神科と心療内科とカウンセリング…いったい何が違うの?

  • ガジェット通信を≫


ふと、気持ちが参ってしまったとき、専門機関に相談しようと思うことがあるかもしれません。

精神科と心療内科とカウンセリング、この3つの違いがわからず、どこに何を相談したらいいのか…と疑問を持つ方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はこの3つの区別について、精神科の医師に話を聞きました。

3つはどう違うんですか?

精神科・心療内科と、カウンセリング(この場合のカウンセリングは心理カウンセリングを指しています)の間には、比較的わかりやすい差があります。

精神科と心療内科は医療機関です。診療する側は必ず医師と決まっています。

一方、カウンセリングを行う人(カウンセラー)は医師である必要はありません。

カウンセリングとは患者の訴える悩みや問題について、専門的な知識で相談に乗ったり、援助したりすることです。

もちろん、カウンセリングが精神科や心療内科の治療として行われることもあります。クリニックや病院の中にカウンセリング室があり、医師が指示を出す場合もあります。

医師ではないカウンセラーは医療行為をおこなうことができないことが、「医療機関以外のカウンセリング」と「精神科・心療内科」の違いです。

精神科と心療内科の違いとは?

それでは医療機関である精神科と心療内科の違いについて、お伝えしていきます。

精神科とは…

心の病気といわれる精神的な疾患、例えばうつ病、双極性障害、統合失調症や不安神経症などを治療する専門科です。

心療内科とは…

本来は「心身症」を治療する専門科です。

心療内科は、精神医学の面から始まった診療科ではありません。心身医学という「心と体の結びつき」「身体の不調に精神的なストレスがかかわっている」と考えられる状態を診る科です。特に、本人の自覚症状としては身体症状が前面に出ている場合を扱います。

例えば、ストレスに起因する頭痛や腹痛、喘息などを扱います。

なお、病状の軽いところが心療内科…といった誤解をされている患者さんも非常に多く、これは少し問題に思えます。

しかし、精神科は歴史的にあまり良くないイメージがあることから、「精神科に通院していること」に抵抗を覚える患者さんが多いと感じます。

そのため、精神科の医師が精神疾患の治療を行っていても、心療内科と標榜している病院やクリニックも実は多くあります。

【医師からのアドバイス】

最近は多くの医療機関やカウンセリング機関がホームページを持っています。

所属する医師が持っている資格の一覧表などが載っている場合も多いようです。精神科や心療内科を受診する際には、あらかじめどのような治療をしているのか、どんな専門知識を持った主治医がいるか、など下調べをしてから受診するといいと思います。

また、カウンセリング機関に相談する場合も、カウンセラーの得意分野などを確認するといいです。より自分に合ったカウンセラーを探すことができると思います。

心の状態に関わる症状で受診する場合、主治医やカウンセラーとの相性もとても大切です。納得して相談していきたいですね。

(監修:Doctors Me 医師)

関連記事リンク(外部サイト)

なぜ今、がん医療に「精神腫瘍学(サイコオンコロジー)」が求められるのか<前編>
自分の体重が気になるのは…実は身近な心の病「摂食障害」を調べるチェックリスト
ピアス開けると快感?! こんな心理にかられていたら自傷行為かも…

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP