ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“日本でのビートルズ現象”が詰まった書籍『「ビートルズと日本」熱狂の記録』3/31にリリース スペシャルイベントも開催

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 3月31日にリリースされる、1966年ビートルズ来日当時の“日本でのビートルズ現象”のすべてを検証した書籍『「ビートルズと日本」熱狂の記録』。本誌のリリースを記念して、4月2日・3日 シンコーミュージック・アネックス・イベントスペース・ブレイクセカンドにてスペシャル・イベントが開催される。

 『「ビートルズと日本」熱狂の記録』は、ビートルズが主に活動していた期間である1963年1月1日から1970年12月31日に、日本でビートルズがどう扱われ、どんなふうに日本と関わり、どんな足跡を残していったかをまとめた永久保存版だ。

 著者 大村亨は当時の新聞14紙(朝日、読売、毎日、東京、報知、日刊スポーツ、サンケイスポーツ、デイリースポーツ、スポーツニッポン、東京中日スポーツなど)、テレビ番組、ラジオ番組、週刊誌18誌(文春、新潮、朝日、女性自身、プレイボーイ、アサヒ芸芸能など)、音楽専門誌5誌(ミュージック・ライフ、ティーンビート、ヤングミュージックなど)をすべて把握しており、それらを元に当時の“記録”を可能な限り洗い出して時系列にまとめ、詳細な“ビートルズと日本”の歩みを1冊の本にすることに成功。当時の資料を縦横無尽に使い倒して論じた究極の“ビートルズ・アーカイヴ”は、日本のビートルズ・ファンにとって、決定本となるだろう。

 また、本誌の発売を記念して、4月2日・3日 シンコーミュージック・アネックス・イベントスペース・ブレイクセカンドにて展示&トークイベントを開催することに。展示イベントでは、超貴重な日本のビートルズ・グッズや、MUSIC LIFE独占特写ビートルズ・パネルなどの展示&スライド上映を実施。トークイベントには、著者 大村亨、藤本国彦(ビートルズ・ストーリー編集長/4月2日のみ)、高嶋弘之(ビートルズ初代ディレクター/4月3日のみ)が登壇する。

◎書籍『「ビートルズと日本」熱狂の記録』
2016/3/31 RELEASE
大村 亨 著 / B5判 / 528頁 / 本体価格2,700円+税
ISBN:978-4-401-64281-6

◎展示&トークイベント概要
開催場所(展示&トークイベント共に同会場):
シンコーミュージック・アネックス・イベントスペース・ブレイクセカンド
4月2日(土)
展示イベント:11:00~18:00(入場無料)
トークイベント:OPEN 18:30 / START 19:00
出演:大村亨(『「ビートルズと日本」熱狂の記録』著者)
ゲスト:藤本国彦(ビートルズ・ストーリー編集長)
4月3日(日)
展示イベント:11:00~15:00(入場無料)
トークイベント:OPEN 15:30 / START 16:00
出演:大村 亨(『「ビートルズと日本」熱狂の記録』著者)
ゲスト:高嶋弘之(ビートルズ初代ディレクター)
展示イベント内容:
超貴重な日本のビートルズ・グッズや、MUSIC LIFE独占特写ビートルズ・パネルなどの展示&スライド上映
トークイベント内容:
各日限定30名 参加料2,000円 参加特典 特製MUSIC LIFEノート(新版)

関連記事リンク(外部サイト)

“ビートルズの第5のメンバー”として知られたプロデューサー、ジョージ・マーティンが90歳にて死去
NHK『新・映像の世紀』第5集テーマは60年代の若者たちの反乱 若き日のボウイ、ビートルズ、ミック・ジャガー、ディランも登場
フジロック ’16開催決定、ディラン15年ぶりホールツアー、定額配信にザ・ビートルズがヤァ!ヤァ!ヤァ!:今週の洋楽まとめニュース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP