ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メタリカ 初期2作品をアナログ&CD&DVDの豪華仕様で規格外リイシュー、レコード・ストア・デイ限定商品は仏バタクラン公演のライブ・アルバム

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 世界最強のメタル・バンド=メタリカが、初期2作品のリマスター・デラックス・ボックス・セットを2016年4月29日にリリースする。

 30年を超えるキャリアでこれまでに9枚のオリジナル・アルバムをリリースしてきたが、未発表音源やライブ音源をボーナス・トラックとして加えたリイシューを行ったことのなかったメタリカが遂に初となるリイシューを行う。1stアルバム『キル・エム・オール』と2ndアルバム『ライド・ザ・ライトニング』がリマスター・デラックス・ボックス・セットとして、海外は4月15日、日本では4月29日に直輸入国内仕様としてリリースとなる。

 1983年に発表したデビュー作『キル・エム・オール』は、荒削りながら若きメタリカが自身のルーツを取り込み、“スラッシュ・メタル”の礎ともいえるフォーミュラを早くも作り上げた作品で、「最高のデビュー・アルバム」というカテゴリーでアルバムをメディアが選出する際などに欠かせない作品となっている。今作は、4アナログ、5CD、1DVDというボリュームでリイシューされる。

 そして2ndアルバム『ライド・ザ・ライトニング』は前作以上にドラマティックな構成を持った曲が増え、バンドとしての幅も大きく広がり、「このアルバムでメタリカは現代メタル・シーンの主役となった」と言わしめた1984年の傑作。今作は、4アナログ、6CD、1DVD仕様でリイシューされる。

 数年前にバンド自身が当時の記録を求めてファンへ呼びかけたものがこのように帰結することとなり、未発表音源、デモ、ライブ映像等、貴重な素材がふんだんに盛り込まれた作品となっている。

 なお、4月16日にアメリカをはじめ世界21の国と地域で開催される“レコード・ストア・デイ”のアメリカのアンバサダーを務めるメタリカは、この2作品に加えて、レコード・ストア・デイ限定作品として『Liberte, Egalite, Fraternite, Metallica! – Live at Le Bataclan. Paris, France – June 11th, 2003』と題された、パリ連続襲撃事件の現場の一つとなったバタクランで2003年に行われた公演のライヴ・アルバムをリリースし、同作品からの収益をチャリティに寄付することを表明している。

◎リリース情報
『キル・エム・オール – リマスター・デラックス・ボックス・セット』
メタリカ
2016/4/29 RELEASE
27,000円(plus tax)(直輸入仕様)
※掲載のジャケット写真はオリジナル・ジャケット写真

『ライド・ザ・ライトニング – リマスター・デラックス・ボックス・セット』
メタリカ
2016/4/29 RELEASE
27,000円(plus tax)(直輸入仕様)
※掲載のジャケット写真はオリジナル・ジャケット写真

関連記事リンク(外部サイト)

メタリカ、パリのバタクラン劇場で亡くしたプロジェクト・マネージャーを追悼
メタリカがNBAファイナル試合前に米国国家を斉唱! 映像公開
メタリカ ドキュメンタリー映画『真実の瞬間』の監督を追悼

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。