ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジョニー・ウィンター、ドキュメンタリー映画『ダウン&ダーティー』の劇場公開が決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

4月27日にDVDで発売される、ジョニー・ウィンターの泥まみれの人生を描いたドキュメンタリー映画『ダウン&ダーティー』の発売に先駆け、4月16日から22日の1週間限定で劇場公開が決定した。

良質の劇場未公開作・DVDスルーの作品を紹介する新宿シネマカリテの名物企画「オトカリテ」でのレイトショーにて公開され、料金はワンコイン500円で、毎日21:00から上映される予定。

2014年7月に亡くなった白人ブルースギタリスト・ジョニー・ウィンター。アルビノ(先天性白皮症)で生まれたことで差別や視覚障害に苦しみながら、60年代にギターの才能を開花させ、“百万ドルのギタリスト”と讃えられたが、「死ななかったのは運が良かっただけ」と語るほどヘロインに溺れ、当時はまともに受け答えもできなかった。しかし、悪徳マネージャーと決別し2000年代に入り復活を遂げるなど、彼の波乱万丈の人生は多くのミュージシャンに影響を与えた。

2014年のSXSWフィルム・フェスティバルで初公開された本映画は、2012年フロリダ〜フランス〜テキサス〜メンフィス〜香港〜日本のツアーに密着。映画はジョニー本人と晩年マネージャーでもあったプロデューサー/ギタリスト・ポール・ネルソンのインタビューを中心に進み、エアロスミスのジョー・ペリーやZZトップのビリー・ギボンズ、デレク・トラックスなど多くのギタリストが彼から影響を証言している。

また劇中では、B.B.キングやマディ・ウォーターズとの貴重な共演映像や、東京・日比谷野外音楽堂や川崎・クラブチッタでのライヴ演奏シーンも収められている。

監督はヘビーメタル・バンド、モーターヘッドのレミー・キルミスターの半生を描いたドキュメンタリー『極悪レミー』のグレッグ・オリヴァーが務める。DVDにはボーナス映像として、映画には盛り込み切れなかったインタビューや演奏シーンなどが60分以上収録されている。

映画『ダウン&ダーティー』トレーラー映像(字幕無し)

映画情報

ドキュメンタリー映画『ダウン&ダーティー』劇場公開
期間:4月16日(土)〜22日(金)
毎日21:00よりレイトショー公開
上映館:新宿シネマカリテ
料金:500円
http://qualite.musashino-k.jp/

リリース情報

DVD『ジョニー・ウィンター:ダウン&ダーティー』
2016年4月27日発売
(SIBP-268)3,800円+税
153分(本編86分+ボーナス映像67分収録)
<DVDボーナス映像>
「デス・レター」Music Video/ギター・デモ/メンフィス・ブルース・アワード/マディ・セッションなど計67分収録

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP