ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メタリカ、永遠の名盤である初期2作がボックス・セットとして再発

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Photo by Soren Starbird
先月開催されたアメリカン・フットボールの大試合「スーパー・ボウル」のサンフランシスコでの開催を記念して行われたイベントではフルセットのライヴを披露、そしてさらにそれを世界同時ネット配信するという相変わらず「規格外」なアクションで我々を驚かせてくれる世界最強のメタル・バンド=メタリカ。そんな彼らがさらに規格外な情報をこの度公開した。

30年を超えるキャリアでこれまでに9枚のオリジナル・アルバムをリリースしてきたが、未発表音源やライヴをボーナス・トラックとして加えたリイシューを行ったことのなかった彼らが遂に初となるリイシューを行うことになったのだ。今回1stアルバム「キル・エム・オール」と2ndアルバム「ライド・ザ・ライトニング」がリマスター・デラックス・ボックス・セットとして蘇る。海外は4月15日、日本では4月29日に直輸入国内仕様としてリリースとなる。

83年にリリースされたデビュー作「キル・エム・オール」は荒削りながら若きメタリカが自身のルーツを取り込み、“スラッシュ・メタル”の礎ともいえるフォーミュラを早くも作り上げた作品で、「最高のデビュー・アルバム」というカテゴリーでアルバムをメディアが選出する際などに欠かせない作品となっている。この作品が4アナログ / 5CD / 1DVDというボリュームでリイシューされる。

そして2ndアルバム「ライド・ザ・ライトニング」は前作以上にドラマティックな構成を持った曲が増え、バンドとしての幅も大きく広がり、「このアルバムでメタリカは現代メタル・シーンの主役となった」と言わしめた傑作。84年発表。この作品も4アナログ / 6CD / 1DVDにてリイシューされる。

数年前にバンド自身が当時の記録を求めてファンへサポートを呼びかけたものがここに帰結することとなった。未発表音源、デモ、ライヴ映像等、当時を知る貴重な素材がふんだんに盛り込まれた作品となった。

なお、4月16日は全世界で「レコード・ストア・デイ」が開催される。アメリカをはじめ世界21の国と地域で開催され、レコード・ショップを、音楽を祝う日となるが、メタリカは今年その「レコード・ストア・デイ」のアメリカのアンバサダーを務めており、この2作品に加えて、レコード・ストア・デイ限定作品として「Liberté, Egalité, Fraternité, Metallica! – Live at Le Bataclan. Paris, France – June 11th, 2003」というライヴ・アルバムをリリースし、同作品からの収益をチャリティに寄付することを表明している。

リリース情報
「キル・エム・オール – リマスター・デラックス・ボックス・セット」
2016年4月29日発売
UICR-9037(直輸入仕様)27,000円+税
詳細:http://store.universal-music.co.jp/product/uicr9037/

「ライド・ザ・ライトニング – リマスター・デラックス・ボックス・セット」
2016年4月29日発売
UICR-9038(直輸入仕様)27,000円+税
詳細:http://store.universal-music.co.jp/product/uicr9038/

関連リンク

メタリカ オフィシャルサイトhttp://www.metallica.com/
メタリカ ユニバーサルミュージック オフィシャルサイトhttp://www.universal-music.co.jp/metallica

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP