ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

旅慣れた人ほど陥りがち!旅先で、思わず自分に酔ってしまう7つの瞬間

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅慣れた人が「俺ってカッコイイ…」ってうぬぼれがちな7つの瞬間
旅慣れた人ほど、陥りがち。旅中、思わず自分に酔ってしまう7つの瞬間

あくまで私個人の意見ですが、たいていの旅人は結構ナルシストな一面を持っています。

私は多くの旅人の中でもかなりカッコ悪いほうだと自覚していますが、それでも旅をしていると何度も素敵な自分に見とれてしまうことがありました。

今回はそんな自分をカッコイイ!と思ってしまった瞬間をご紹介します。

※あくまで自分で「俺ってカッコイイ!」と思った瞬間なので、かっこ悪いとかダセェと感じてもご容赦ください。

 

長距離列車に乗って窓の外を眺めているとき

photo by pixaby

バックパッカー旅行の花といえばやはり長距離移動。特に列車はステキポイントの高い乗り物です。

車窓を流れる景色を見ながら、ふっと物思いにふけってみてください。最初はいろんなことを考えていると思いますが…

気が付いたら「おい。列車でもの思いにふけるなんて、カッコイイな俺!!」と、いつの間にかそんなことばっかり考えてしまいます。

 

ゲストハウスで早く起きた朝にコーヒーを飲むとき

photo by  waferboard

旅人の宿泊施設といえばなんといってもゲストハウス。

旅なんてしているとたいていの人が夜遅くまで遊んで寝坊してしまうので、早朝のゲストハウスはかなり静かなことが多いのです。

その静寂に包まれたゲストハウスでゆっくりとホットコーヒーを飲みながら一日の予定を立てていると、どうしようもなく自分が素敵に感じてしまいます。

 

長期滞在した町をだれかに案内しているとき

photo by 佐々木拓馬

旅をしていると、誰しも大好きな町ができることでしょう。

大好きな町だから少しでも長く滞在したいと思って、気が付いたら何か月も滞在してた…なんてのも旅人あるある。

 

そんな大好きな町に長期滞在していると、観光地や近所の名所くらいは案内できるようになります。大好きなものの魅力を誰かに伝える。これほど素敵なことはありません。

ただ…案内するつもりが調子にのって迷ってしまったら、めちゃくちゃかっこ悪いのでご注意を!

 

旅先の風景をあえてセピアやモノクロで撮影したとき

photo by 佐々木拓馬

きっと多くの旅人は旅先の風景を写真に残すのが大好きでしょう。

しかし、長期で旅をしているとどうしてもふつうの写真撮影に飽きてしまう部分もあるのではないでしょうか?

 

そんなときカメラの設定をいじってモノクロやセピアで撮影するといつもの写真がかなり「それっぽく」なります。

そしてそんな素敵写真を撮った自分に「俺ってセンスいいわ!!」なんてうぬぼれるのです。

 

絶対に現地の人しかしらない飲み屋に行ったとき

photo by  宋炯瑞

旅中にすごくのどが乾いたらあなたはどうしますか?

私は迷わず一番近くにある飲み屋に入ってビールを飲みます。そうして、一杯飲んでひとごこちがついて気が付くのです。

「ああ、ここ地元民しか来ないタイプの飲み屋だ。」と。

 

ガイドブックに載らないであろうこじんまりとしたお店。周りを包む地元民のかもしだす雰囲気。自分という明らかにこの場にとって異質な存在。

そして、この変な環境を楽しめる自分に酔ってしまいます。軽くお酒に酔って、思いっきり自分に酔うとそりゃあもう気持ちがいいのです。

 

空港利用が余裕になったとき

photo by 佐々木拓馬

旅初心者のときはとっても大変な空港の利用。

「トランジットがどう」とか「バゲージがなんちゃら」とか聞きなれない単語が飛び交う上に、広大な空港で「迷っちゃったらどうしよう。」なんて心配もしてしまいます。

 

しかし、それも慣れてくると心配どころか「ああ、手続きかったるいなぁ。」なんて思いながら、鼻歌まじりに手続きができるようになります。もちろん、空港内で迷うこともなくなります。

その余裕に気が付くと「あれ?俺…旅慣れてきてる!」と実感できます。その実感に思わず、俺ってカッコイイと感じ入ってしまいます。

 

名所でめちゃくちゃかっこつけて写真をとったとき

photo by 林徳之

観光名所での写真撮影はたいていの人がいろんな工夫をすることでしょう。トリックアートっぽく撮ったり、変顔で撮ったり、超かっこつけて撮ったり。

正直、変顔で撮影したりするのも楽しいですけど…あとから一番見返すのはめちゃくちゃカッコよくとれた一枚です!だって、カッコよく撮れてるんだもん。素敵なんだもん。

だから、名所ではかっこつけて写真を撮るようにしましょう。カッコイイ写真は間違いなく思い出に残ります。

 

まとめ

旅人は決してカッコイイだけのものではありません。

それなりに苦労するし、カッコ悪い思いもします。どちらかといえばかっこ悪いときのほうが多いと思います。

しかし、不思議なことにどんなかっこ悪い人でも旅をしていれば何度かは「俺ってカッコイイ!」と思える瞬間に出会えるものなのです!

ぜひそんな瞬間に出会えたら、恥ずかしがることなく思いっきりナルシストになっちゃってください!

きっと素敵な思い出ができるはずです。

関連記事リンク(外部サイト)

留学や旅から帰国する時に、すごい勢いで友達にお祝いしてもらう方法
いま、賭けにゆきます
絶景を見ても感動しなかった僕が、世界一周中に心を動かされた4つの瞬間
【日本初の試みが話題に!?】タイムラプス動画を紙で表現した「TaBird Books」が素敵すぎる…

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIPPO.NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP