ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音×AiR、原宿アストロホールにて開催した東京初ワンマンライヴが大成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月12日、原宿アストロホールにて音×AiRの東京初ワンマンライヴ「NOW ON AiR 快進撃ワンマン 原宿アストロホール編 ~東の都でひと旗上げまっせ!~」が開催された。
音×AiR (okmusic UP's)
楓の赤、MASAYAの青、竜之介の黄、大地の緑。メンバーカラーの照明がそれぞれの立ち位置を照らす原宿クエストホールのステージが暗転したのは18:05ごろ。SEに導かれて4人が順番に登場し、最後に楓が飛び出して「原宿、いこうかー!」とシャウト一発。ショーは「ダントツ☆YOU」で開幕した。

今回は「音×AiR♪JOL原宿でLove Me Do!」で行ってきたアコースティックセットとは異なるエレクトリックセットでのステージ。JOL原宿で楓が何度も言っていたように、エレクトリックこそ彼らの本来の姿である。結果彼らの骨太さはとても魅力的で、文句なしにかっこよかった。

まず竜之介のドラム。簡易なJOLと違いフルセットで、音量も気にせず存分に叩きまくる。やっぱりドラムはバンドの要だ。大地のエレキギターも言うまでもなく新鮮。カッティングしながらのソロがかっこいい。MASAYAのベースもよく歌っている。やかましいサウンドに負けずきっちり歌詞が聞き取れる楓の歌力も立派なものだ。2曲目「シャカリキエビデイ」を演奏し終えると4人は早くも汗だくに。

「俺めちゃめちゃ今日を楽しみにしてました! みんなも同じ気持ちやったらうれしいねんけど、どう? 楽しみにしてた人~!(歓声+拍手)ありがとう! 今日は俺ら思いっきりドでかいド派手なライヴをしようと思っていますので、最後までよろしく! ブチ上がっていこうぜ!」と楓が煽って「純愛バイセコー」へ。サビのハモり、ワイルドな突進力が半端じゃない。

「次の曲でみんなとひとつになりたいと4年前から俺は考えていた!」と振付講座を経ての「Love Me Do」。完全にマスターしているお客さんだけじゃなく、後方のうろ覚えの人も置いていかず参加させる楓のやさしさ。アコースティックのかわいらしい印象とは打って変わって、フルドラムとエレキギターのおかげでグッと骨太な印象。曲名はビートルズなのにローリング・ストーンズっぽいギターソロというシャレが効いている。

「乙女ビンビン」では楓が客席に下りて原宿の乙女をほめちぎり、愉快な「ドジっ娘モーニング」へと続く。セットリストのストーリー性もばっちりだ。

ここでチェンジオブペースとなり、JOL原宿、ストリートライヴ、20円配信キャンペーンと、昨年来のトライアルを回顧し感謝を述べる。路上で寒そうにしていれば使い捨てカイロ、米ばっか食ってると言えばカレーや柴漬けを差し入れてくれたとか。なんと優しいファンだろう。

その配信キャンペーンで1位に輝いた「ウォナノウ」でライヴは後半に突入。「叱ってサディスティック」「ダメ」のダメ男シリーズ、「愛を唄おう」「歩く歩く歩く」のミディアムシリーズを続けて、竜之介のMCコーナーへ。「僕はスベったことがないんです。なぜかというとドラムセットがついてるので……(バスドラ連打)これをやれば盛り上がってるように聞こえるわけです」と会場を微妙な湯加減に温めて、いよいよラストスパートだ。

楓がアコギを手にして「二十歳になってから作った曲で、大人の枠に一歩足を踏み入れたときのいろんな思いを一曲に込めました」と語り、AMEMIYA兄貴のお気に入り「あの頃のままで」を演奏。微笑み王子のMASAYAもいちびり王子の竜之介も真剣な表情なのが印象的だった。

そして「音×AiRが初めて作った曲です」と「僕らの音楽」、タオル回し曲「new world」に「なんちゃってヒーロー」と続けて披露。本編ラスト「ホームグラウンド」前のMCでは、「ずっと東京でワンマンしたいと思ってて、実現したのはほんまにみんなのおかげやと思ってます。苦しいときも、うまくいかへんな~と思うことも、打ちのめされそうなときもあったけど、出会ってくれた人たちが、俺たちがいちばん輝ける、いちばん大事にしてるライヴハウスまで来てくれて、ほんまに幸せです。東京の、原宿の街にも、帰ってくる場所、ホームがちょっとずつできてきてるんかなって実感してます。またワンマンしたいと思ってるんで、そのときはおかえりって言うてほしいな」とコメントし、感動の涙を誘った。

2日早いホワイトデーということで、客席に飴ちゃんを配ってアンコールへ。「体力残すなよー!」とシャウトし、文字通り硬派な「オトコボンバー」へ。メンバー紹介では各人が短く挨拶したが、MASAYAが「言わなあかんことがありまして」と8月7日(日)O-crestでのワンマンライヴを発表。本当に知らずに驚いていた楓は、「4人だけじゃなくて、スタッフやお客さんやみんなのおかげでここまで来れました。もう前にしか進まれへんと思ってるし、東京ドームとか行くぐらいまでずっとついてきてほしい」と語り、新曲「まいどおおきに東京」を初披露。最後は全員で手をつないでお辞儀。女の子たちをときめかせて、東京初ワンマンは幕を下ろした。

フルエレクトリック装備の音×AiRは、育ちがよさそうでソツがないイケメンな4人の姿や物腰からは想像つかないような、ワイルドでエネルギッシュでやんちゃなロックバンドだった。楓がJOL原宿のステージで繰り返し「ライヴハウスに来てください」と言っていたのも納得。次のワンマンではまたさらに大きくなった姿を見せてくれるはずだ。

【音×AiR コメント】
■大地

「全体的に盛り上がって、みんな笑顔になってるのもわかったし、すごくいい一日になりました。でも、今日発表した通り8月にまたワンマンが決まってますんで、そこで何をやるか、さっそくこれからみんなで考えていきます」

■竜之介

「東京でJOLやストリートやいろいろやった結果の今日で、めっちゃ楽しかったです。まだまだできることあるんで、次につながる日やったと思います。MCコーナーについてですか? 楓の1万倍は面白いんで、もっとしゃべらせてほしいです」

■MASAYA

「楽しかったです。ほんまそれだけですね。最初はこんな人入るんかって心配しかなかったですけど。今日は珍しくしゃべりましたけど、これからもっとしゃべれるようになっていきたいと思います(笑)」

■楓

「総合的に楽しかったし、お客さんたちも楽しんでくれてたんが伝わってきたんで、ライヴとしてはめちゃめちゃよかったと思います。反省点は毎度あるんですけど、次までに修正して、もっとたくさん人を呼んでもっとおもろいライヴをしたいです」

【セットリスト】
1.ダントツ☆YOU

2.シャカリキエビデイ

3.純愛バイセコー

4.Love Me Do

5.乙女ビンビン

6.ドジっ娘モーニング

7.ウォナノウ

8.叱ってサディスティック

9.ダメ

10.愛を唄おう

11.歩く歩く歩く

12.あの頃のままで

13.僕らの音楽

14.new world

15.なんちゃってヒーロー

16.ホームグラウンド

en1.オトコボンバー

en2.まいどおおきに東京(新曲)

音×AiR (okmusic UP's)
カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。