ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

土屋太鳳 『まれ』で太ったが「それでいい」と励まされる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「私はまだ卵の中でもぞもぞ動きながら、外へ出るために育っている状態。いつか必ずこの殻を破って、大空へ羽ばたきたいです」

 連続テレビ小説『まれ』(NHK)ヒロインやドラマ『下町ロケット』(TBS系)出演など大活躍した2015年を駆け抜け、先月はエランドール新人賞、3月には日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。女優として着実にキャリアを積む土屋太鳳21才は、意外にも“まだ卵の状態”と、謙虚だ。

「『まれ』では、自分の未熟さを痛感する毎日でした。“希ちゃんが修業で食べるものは全部食べよう”と心に決めて、来る日も来る日も1日中チョコレートやケーキを食べていたら、太ってしまって。女優は外見や体形の管理が必要な職業でもあるのに、うまくできなくて苦しんだときもありました。

 でも、『希はそれでいいんだよ。無理してやせようとするな』と能登の仲間たちが励ましてくれて、先輩がたやスタッフさんが温かく支えてくださった。女優には才能も努力も必要だけど、努力が実を結ぶのは周囲の支えがあってこそなんだな、って感じたんです」(土屋・以下「」内同)

 3月27日に始まる東野圭吾原作のWOWOW連続ドラマW『カッコウの卵は誰のもの』では、特別な才能を持って生まれた天才アルペンスキーヤー・風美(かざみ)を演じる。

「いちばん大事だと思うのは、“努力を恐れない才能”です。努力をすることで自分の気力や体力の限界を知るけれど、その壁を越えていくのもまた努力。“そこ”までやらなくてもいいよ、と言われるまで全力でぶつかっていきたい」

 自身も東野圭吾ファンで、今回の原作にも思い入れがある。ヒロインと自身にも、共通点を見出している。

「まずは運動をしてきたこと。スキー経験もありますし、現在も体育大学に通っています。ただ風美はオリンピックを目指すアスリートとして責任を背負っている。その部分は、『まれ』に決まった時の感覚に似ているな、って。風美として生きる上で、どちらの経験も大きな力になっています」

 明るく目を輝かせて、楽しそうに語る彼女。“卵の殻”を破る日も、なんだか近そうだ。

撮影■藤本和典

※女性セブン2016年3月24日号

【関連記事】
高畑淳子 1か月で7kgダイエットしその後1か月でリバウンド
平均身長175cmのユニット「モデルガールズ」8人の美脚16本
授賞式で再会、綾瀬はるか&広瀬すず 姉妹のように仲良い姿

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP