ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

角質クリアをし過ぎるとお肌が黒ずむってホント?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ゴワゴワ肌やくすみ肌の原因になる古い角質。ピーリング成分や角質クリア成分配合の洗顔料などは美白の常識のようにいわれていますが、逆に肌が黒くなる原因だったとしたら……?

肌を黒くする犯人はメラニン生成

肌が黒くなる一番の原因は紫外線。紫外線が皮膚深部のDNA情報に傷をつけるのを防ぐために生成されてしまうのが「メラニン」という黒色の紫外線吸収成分。このメラニンの作用で肌は黒くなります。メラニンの作用が一点に集中してできるのがシミ。そのため、美白スキンケアや美白化粧品には「メラニンの生成を抑える」ためのビタミンC誘導体やアルブチンが配合されているのです。

メラニン生成は紫外線だけじゃなかった

メラニンが生成される一番の原因は紫外線ですが、実は「皮膚刺激」によってもメラニンは生成されます。ケガをした部分が黒ずむのも大量に生成されたメラニンの仕業。ニキビを潰したりしてできるニキビ跡もメラニンの生成によるもの。「皮膚に刺激がある=メラニンは作られる」ということ。掻いたり、目をこすったり、ゴシゴシと洗顔をしたりするのが皮膚が黒ずむ原因となることは知られていますが、ピーリングや角質クリアの拭き取りなども皮膚の刺激になっていますので、長期間続けることで美白どころか肌が黒ずんでしまう可能性があるのです。

刺激を排除したオフスキンケア

皮膚に与える刺激を徹底的に排除したスキンケアということで、オフスキンケアが注目されています。最近流行の断捨離や洗浄剤を使わない生活などの「原点回帰」のひとつといえるでしょう。実際に高価なスキンケアも化粧もしない人の肌がとてもきれいだったりしますよね。人の肌にはもともと外部からの異物を遮断し、天然の保湿材や皮脂を生成して肌をきれいに保つシステムが備わっています。化粧品はミネラル成分など肌に負担がかからないものにし、クレンジングも洗浄力が弱いものでこすらず浮かせて落とします。洗顔料は汚れだけを落として必要な皮脂は落とさず、余分な保湿剤が配合されていないものを。使うのはこれだけ。どうしても乾燥してしまう場合はシンプルな化粧水やゲルを使っても良いそうです。オフスキンケア習慣にするだけで、数カ月で肌の状態が「何もしなくてもきれい」な状態になるとのこと。

質の良い洗顔料やクレンジングに替えたとしても、高価なスキンケアを使わないため低コストで美肌が手に入るというオフスキンケア。試してみたいですね。

writer:しゃけごはん

サプリ
カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP