ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『Rectify(原題)』主演のクレイン・クロフォード、リブート版テレビシリーズ『リーサル・ウェポン』のマーティン・リッグス役で主演へ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

本紙ヴァラエティは、米20世紀フォックスによるリブート版テレビシリーズ『リーサル・ウェポン』のパイロット版で、テレビシリーズ『Rectify(原題)』に出演するクレイン・クロフォードが、主役のマーティン・リッグス役を演じることが決まったという情報を認識した。

クロフォードは、メル・ギブソンを一躍有名にした米ワーナー・ブラザースによる映画『リーサル・ウェポン』シリーズの主人公を引き継ぐことになる。オリジナル版でダニー・グローヴァーが演じたロジャー・マータフ役はデイモン・ウェイアンズが演じ、クロフォードの相棒役となる。

リブート版テレビシリーズ『リーサル・ウェポン』では、妻子の死から立ち直れずにいる元アメリカ海軍の特殊部隊でテキサス州刑事のマーティン・リッグスは、ロサンゼルスに引っ越しロサンゼルス市警察で新しい仕事を始める。そこで相棒となるウェイアンズ演じるマータフと出会う。

クロフォードは、最新作となるシーズン4でファイナルを迎える米テレビ局サンダンスTVのテレビシリーズ『Rectify(原題)』の出演に加え、レジェンダリー・ピクチャーズによるスーパーナチュラル・スリラーのテレビシリーズ『Spectral(原題)』でジェームズ・バッジ・デールの相手役として出演する。この他にも、テレビシリーズ『24』、テレビシリーズ『JUSTIFIED 俺の正義』、テレビシリーズ『NCIS:ニューオーリンズ』、テレビシリーズ『Rogue(原題)』に出演している。クロフォードは、エージェンシー・フォー・ザ・パフォーミング・アーツ(APA)と代理人契約を結んでいる。

パイロット版は、米ワーナー・ブラザースが製作する。マット・ミラー、マックG、ダン・リン、ジェニファー・グウォーツがエグゼクティヴ・プロデューサーを務める。ミラーがパイロット版の脚本を執筆し、マックGが監督を務める。ジョーダナ・ブリュースター、ゴールデン・ブルックス、ケヴィン・ラームの出演もすでに決まっている。

本年度に製作されるすべてのパイロット版については、本紙ヴァラエティのパイロット・スコアカードに詳細情報が掲載されている。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP