ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コツを押さえれば大丈夫!大学入試面接での自己PR方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

推薦入試やAO入試ならではの関門といえる面接試験。人前で話すことが苦手で不安になっている人もいるのではないでしょうか。中でも自己PRについてはいったい何を話したらいいのか迷ってしまうこともあるかと思います。でも、コツをつかんでしまえば大丈夫。今回は自己PRの方法を参考にしてくださいね。

だらだら話さない!端的にまとめる練習をしよう

せっかくいいPRポイントがあっても、話が長いと論点がぼやけ、聞いている面接官も何が言いたかったのかわからなくなります。自分が何ができるのかをしっかりと相手に意識づけるためにも「自分はこういうことが得意だ」「こういうことができる」と、まずは端的に結論を述べ、そのあとにエピソードを簡単に話すとわかりやすくなります。中には、伝えようと一生懸命になりすぎて自分でも何を話しているかわからなくなってしまうほど長く話してしまう人もいます。そうならないようにするためには、事前に練習をして、普段と同じ感覚で話せるようにしておくと、緊張した時にも端的に分かりやすい話ができます。

志望校の特徴と長所を関連付けよう

自己PRがいくら上手にできても、志望校の特徴や方針とまったく違うものだったらあまり意味がありません。自分のPRしたいポイントと志望校の方針が一致していたほうが、より説得力が増します。そのためにも、志望校の方針や力を入れているポイントなど下調べは念入りに行いましょう。

自己PRは事前の準備がすべて!

自己PRは事前の準備や練習をすればするほどうまくできるようになります。まずは言いたいことをしっかりとまとめ、繰り返し練習をして自分の言葉で話せるようになりましょう。

関連記事リンク(外部サイト)

三度の飯より漫画が好きな私が選ぶ「古典が好きになったマンガ3選」<みんツイ研>
部活する姿がうらやましい… 幽霊部員が抱える悩みとは? <高校生実態調査>
受験勉強にやる気が出ない!集中力をさせる方法!

スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP