ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

中国移動向け「HTC Sensation Z710t」は、ST-Ericsonの「Nova A9500」プロセッサーと「Thor M6718」通信モジュールを搭載

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

スイスの半導体大手「ST-Ericsson」は9月26日、HTCが最近発表した中国China Mobile向けTD-SCDMA対応のAndroidスマートフォン「HTC灵感 Z710t」に、同社のモバイル向けプロセッサー「Nova A9500」と通信モジュール「Thor M6718」が採用されたことを発表しました。「HTC灵感 Z710t」はST-Ericssonの「NovaThor」プラットフォームを採用した初のスマートフォンになるそうです。「HTC灵感 Z710t」は、HTC Sensation派生モデルといった端末ですが、QualcommではなくST-Ericssonのソリューションを採用したところが大きな違いとして挙げられます。「Nova A9500」は製造プロセス45nmのARM Cortex A9を使用したデュアルコアCPUとARM Mali-400 GPUを搭載したプロセッサー。仕様上の最大CPUクロックは1.2GHzですが、「HTC灵感 Z710t」のクロックは1.0GHzとなってます。「Thor M6718」はクアッドバンドGSMと、中国移動の3G規格TD-SCDMAと、そのデータ通信規格TD-HSDPAをサポートした通信モジュール。「HTC灵感 Z710t」は中国China Mobile向けで、GSM (900/1800/1900 MHz)、TD-SCDMA/TD-HSDPA(1880-1920/2010-2025 MHz)をサポートします。その他のスペックは、4.3インチqHDサイズの液晶ディスプレイ、768MBのRAM、4GBのROM、背面に800万画素CMOS/前面に30万画素CMOSカメラを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth 3.0、DLNAに対応します。バッテリー容量は1,520mAh、本体サイズは126.1mm×65.4mm×11.3mm、質量は148g。Source : ST-EricssonHTC ChinaPhoneArena


(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI、写真と動画の自動バックアップサービス「au one Photo Air Powered by Eye-Fi」をauのスマートフォンに提供、来年2月までは無料
Huawei、1.4GHz CPUと1,900mAhバッテリーを搭載したAndroidスマートフォン「Huawei Honor」を発表
KDDI、シャープ製4機種(IS05 / IS11SH / IS12SH / INFOBAR A01)のケータイアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。