体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

見渡す限り花々が咲き乱れる、美しすぎる日本の「花絶景」5選

美しすぎる見渡す限り花々が咲き乱れている日本の絶景5つ
(C) ポピーまつり実行委員会事務局

春に咲く花といえば桜が有名ですが、桜以外にも一面に咲き乱れる花々の絶景スポットは存在します。この春から初夏にかけてぜひ訪れたい、見渡す限りの花畑を堪能できる絶景スポットをご紹介!

まるで淡いブルーの絨毯のよう! ネモフィラが咲き乱れる丘

美しすぎる見渡す限り花々が咲き乱れている日本の絶景5つ
(C) facebook/国営ひたち海浜公園

茨城県ひたちなか市にある国営ひたち海浜公園のみはらしの丘は、4月下旬から5月中旬まで、ネモフィラが一面に咲き乱れます。まるで淡いブルーの絨毯のようですね。空のブルー×ネモフィラの瑠璃色を見ていると、海外の映画やドラマのワンシーンに入り込んだような錯覚すら覚えます。

美しすぎる見渡す限り花々が咲き乱れている日本の絶景5つ
(C) facebook/国営ひたち海浜公園

上からみはらしの丘を眺めても、この通り! ネモフィラの花々が咲いているエリアだけが淡いブルーに染まり、不思議な感じ。

美しすぎる見渡す限り花々が咲き乱れている日本の絶景5つ
(C) facebook/国営ひたち海浜公園

この公園、じつは秋にもコキアとコスモスの華麗な共演を見ることができるんです! こちらも美しすぎて思わずため息が出る光景ですね。

[国営ひたち海浜公園]

ここは天空の楽園!? 1,500万本を超える真っ赤なポピー

美しすぎる見渡す限り花々が咲き乱れている日本の絶景5つ
(C) ポピーまつり実行委員会事務局

今年で9周年を迎える秩父高原牧場のポピーまつり。毎年5月の中旬に行われています。なかなか1,500万本を超えるポピーが咲き乱れている光景を目にする機会はありませんよね。風にそよぐポピーの花々がとってもかわいらしいです。

美しすぎる見渡す限り花々が咲き乱れている日本の絶景5つ
(C) ポピーまつり実行委員会事務局

ポピーの花々の向こうに雲のかかった山が見える光景も素敵! 訪れた時間帯や日によって、景色の印象が一変するのも魅力でしょう。

ポピーまつりの開催中は、秩父鉄道皆野駅よりシャトルバスを運行しているそうなので、都内から少し足を伸ばして、見に行きたいものですね。

[ポピーまつり実行委員会事務局]

圧巻!日本夜景遺産にも認定されている『藤の花ガーデン』

美しすぎる見渡す限り花々が咲き乱れている日本の絶景5つ
(C) あしかがフラワーパーク

樹齢150年の大藤棚が見られるあしかがフラワーパーク『藤の花ガーデン』。広さ1キロにも及ぶ大藤棚が見られるのは、ここだけでしょう。藤の花は色によっても、咲く時期が微妙に異なり、うす紅、紫、白、黄色の順番で4月中旬から約1か月の間、楽しむことができます。

美しすぎる見渡す限り花々が咲き乱れている日本の絶景5つ
キュートなうす紅色の藤の花 (C) あしかがフラワーパーク

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。