ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【動画】映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の新予告映像で、スパイダーマンの存在が明らかに

DATE:
  • ガジェット通信を≫


新たなるスパイダーマンが、映画『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の最新予告映像でついにその姿を現した。

アイアンマンが、どうやら彼のチームについたと見られるスパイディ(アイアンマンは、彼のことを陽気に“Underoos(アンダールーズ:上下揃いの子ども向け下着)”と呼ぶ)を呼び出すと、彼は手首から発射するクモの糸でキャプテン・アメリカの盾を奪い、さらに彼の手首を縛りつける。

そして、第2予告映像の終了間際、車の屋根にのったトム・ホランド演じるこのキャラクターが「やあ、みんな」と言う。

5月6日に米劇場公開が予定されている『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』は、『アベンジャーズ』シリーズ並みの豪華な顔ぶれで、キャップ(クリス・エヴァンズ)とアイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr)の衝突によってマーベル・シネマティック・ユニバースが分裂の危機に瀕する状況を描いている。

政府はアベンジャーズを監視する組織を立ち上げる。それによって、チームは政府の干渉に反対するスティーブ・ロジャーズ(キャプテン・アメリカ)と、自責の念から過去の信念を否定し、政府による監視を支持するトニー・スターク(アイアンマン)率いる2つの陣営に分裂する。

スパイダーマンは、ローディ(ドン・チードル)、ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)、ブラック・パンサー(チャドウィック・ボーズマン)、ヴィジョン(ポール・ベタニー)らと共にアイアンマンの陣営につく。一方、キャップの陣営には、バッキー(セバスチャン・スタン)、ファルコン(アンソニー・マッキー)、ホーク・アイ(ジェレミー・レナー)、スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)、アントマン(ポール・ラッド)らがつく。

監督はジョー・ルッソとアンソニー・ルッソが務め、脚本は映画『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』でも脚本を手がけたクリストファー・マルクス、スティーヴン・マクフィーリーが担当する。その他の主演陣にはダニエル・ブリュール、エミリー・ヴァンキャンプ、フランク・グリロ、ウィリアム・ハート、マーティン・フリーマンらが名を連ねる。

マーベルと米ソニー・ピクチャーズによる『スパイダーマン』の単体作品は、10代のピーター・パーカーの高校時代に焦点を当てた作品となり、2017年7月7日に米劇場公開予定だ。

カテゴリー : エンタメ タグ :
Variety Japanの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP