体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コンビニワインと市販のワインを飲み比べ! はたしてプロの評価は?

コンビニワインと市販のワインを飲み比べ! はたしてプロの評価は? コンビニの棚にプライベートブランドのワインが充実する昨今。安いワインは味がイマイチといわれがちだが、ボトル1000円未満の安さでもおいしいと話題になることもある。写真左から、加瀬さん、櫻井さん、ひにしさん

写真左から、加瀬さん、櫻井さん、ひにしさん

でも、本当においしいのかと、半信半疑に思っている人もいるのでは? そこで、コンビニワインの味を評価してもらうべく、ワインソムリエの櫻井一都さん、料理研究家の加瀬まなみさん、ワイン好きのライターひにしあいさんに、市販されているワインとの飲み比べをしてもらった。02

今回飲み比べてもらったのは、次の2種類。

レ・タンヌ オクシタン カベルネ・ソーヴィニヨン 2014(希望小売価格1,188円/税込)
「パリ農業コンクール2013」で金賞を受賞。醸造家のジャン・クロード・マスは、天才と称されるほどの実力の持ち主。

ヨセミテ・ロード カベルネ・ソーヴィニョン(615円/税込)
セブンイレブンのプライベートブランドのワイン。某番組でマツコ・デラックスが絶賛し、話題に。

どちらも比較的リーズナブルなワインだが、プロやワイン好きは味の違いを見極めることはできるのだろうか。AとBの2つのグラスを用意し、価格が上の「レ・タンヌ オクシタン カベルネ・ソーヴィニヨン 2014」を当ててもらうことにした。03

まずは、櫻井さんのレクチャーのもと、ワインをまわして糖度を確認するところから。

sakuraisan
「ワインにはぶどうの糖度があるので、アルコール分が高くなると、ワインの涙(グラスの内壁の液適)が速くなるんです。これによって、長期熟成型のワインかどうかを見たりするんですよ」

hinishisan
「本当だ、確かに違う。でも、普段は白ワインをよく飲んでいるので、赤は当てられる自信がないな……」

kasesan
「赤が好きで、以前はカベルネ・ソーヴィニョンをよく飲んでいたのですが、最近は飲んでいないので当てられるか不安ですね」04

見た目をチェックしたところで、試飲へ。3人ともまずは香りを確認し、最初にAのグラス、次にBのグラスのワインを口に含んだ。

hinishisan
「Aのほうが、渋みがありますね。BはAより重たいけど、飲みやすい。好きなのはBのワインです」

1 2次のページ
CHINTAI情報局の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会