ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おもちゃをiPhoneでスキャン!大手玩具メーカーが専用装置を商品化か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

大好きなぬいぐるみや人形が、ゲームのキャラクターに早変わり。米国の玩具大手メーカーHasbroが、iPhoneを活用しておもちゃを3Dスキャンする技術の特許を申請した。

現段階では技術の特許申請のみで、商品化についての具体的な情報はないものの、子どもでもiPhoneを使ってカンタンに3Dスキャンできる装置を開発中のようだ。

・ハンドルを回しながら撮影

特許申請に添付されたイラストでは、装置は手動で回すターンテーブルを備えている。

テーブル前にiPhoneを固定できるようになっていて、スキャンしたい人形やフィギュア、ぬいぐるみなどのおもちゃをテーブルに乗せ、手でハンドルを回す仕組みのよう。

・専用アプリで3Dデータ作成?

おそらく専用アプリを使って回転させながら対象物を撮影し、3Dデータを作成。それを元にゲーム用のアバターを作ったり、ソーシャルゲームに使ったりできる見込みだ。

作成したデータを3Dプリンターに送っておもちゃのコピーを作るというのもよさそう。

ハンドルを手で回す、というのが手動式オルゴールのようになんともレトロだが、このシンプルさが子どもにはいいのかもしれない。いや、子どもだけでなく大人も十分に遊べそうだ。

US Patent & Trademark office

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP