ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

男の育休 子育ての大変さを肌で実感できて家事レベルもUP

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 昨今男性の育児休暇について言及されることが多くなったが、メーカー勤務の大野聡さん(33才、仮名)は、1才の長男のために1年間の育休を取得した。大野さんはバリバリの企業戦士だった。

 2才上の長女のときは妻が育てた。今度は自分が子育てにかかわりたいと、職場に理解を求めたが、大野さんの育休に賛同する男性は誰もいなかった。上司と口論になり、精神的に病みかけながら、なんとか育休を掴んだ。

「毎日、うれしいことばかりです」というのは大野さんの妻・香織さん(仮名)だ。

「これから帰るよってLINEをすれば、それに合わせて夫が温かい食事を作ってくれます。すごく生活が助かる一方で、外で家族のために働く夫の気持ちがわかりました。疲れて帰ったら、ボーッとしたい時間もあるんですよね。

 第1子のときは、夜中に夫をたたき起こして、子供にミルクをあげてよって押しつけることもありました。今、振り返ると、よく夫は起きてくれてたなと思います。

 子育ての大変さは、頭ではなく肌で実感しないとわからない。また、働きながら子育てを手伝う夫の気持ちも実感しないとわかりません。だから男の育休は必要だと思います」

『経産省の山田課長補佐、ただいま育休中』(文春文庫)の著者で国家公務員の山田正人さんも育休を取って、初めて子育ての大変さを味わった一人。

「それまでは、世の中の女性は当たり前のように子育てをしているから、大変なわけはないと思っていたんです。それが、こんなに大変だったのかとびっくりしました」(山田さん)

 とにかく体力勝負の重労働だった。赤ちゃんを長時間抱っこした結果、手が腱鞘炎になった。昼夜問わない2、3時間ごとのミルク……寝不足に悩まされた。

 山田さんは育休前にも家事をしているほうだったが、その家事についても発見があった。

「ぼくは、洗濯物はまとめて週末にすればいいし、床にほこりが溜まっていても見なければいいというレベルでしか家事の必要性を感じなかった。妻のほうが家事の水準が高かったんだけど、それは価値観の違いだと思っていたんです」(山田さん)

 それが育休を取って一変した。

「子供が床をなめたら大変だからほこりがあったらいけません。ぼくの家事の水準も圧倒的に上がりました」(山田さん)

 山田さんが育休を取得して数か月後、第3子と妻と3人で散歩をしていたとき、山田さんは妻にこう話した。

「いやあ、子育てが大変だとわかった。すごく大変だったんだね」

 すると、妻はボロボロ涙を流して「ようやくわかってくれたのね」と言ったという。

「ぼくは育休を取る前は、家事や育児を自分なりにやっていたつもりだったんですが、妻のことを全然理解していなかったんです。世の中は結果的に、妻に負担がかかる社会になっています。ぼくが育休を取ったことでようやく妻と対等になれたのかなと思います」(山田さん)

 夫が育休を取ることのメリットは、まず山田さんに代表されるように家事力がつくこと。これが、将来の介護のトレーニングになるという。NPO法人・ファザーリング・ジャパン代表の安藤哲也さんはこう語る。

「育児と介護は、やることはだいたい似ています。ご飯を作って食べさせて、おむつを替えてお風呂に入れて。相手が子供か高齢者か違うだけです。今までは育児も介護も女性の仕事とされてきましたが、少子化が進んだ今ではそうはいきません。男性が親や妻の介護をする時代が確実に来ます。そのときに家事が何もできないでは困ります」

 また、家庭内だけでなく仕事のスキルも上がると、ダイバーシティ・コンサルタントの渥美由喜さんは言う。

「育児は時間をいかに効率的に使うかなので、仕事の上でも業務効率の向上を図れます。話すことのできない赤ちゃんの気持ちをくみ取ることで、コミュニケーション能力もアップします。ビジネスの現場で使えることが多いんです」

 イクメンや育休がパフォーマンスとして取られる社会である限り、結局、女性に重荷を背負わせる社会が続く。そうした社会を変えなければいけない。

「政府は男の育休取得率を2032年に13%まで上げようとしていますが、このままでは難しい。男性はもちろんですが、女性が声を上げていくべきだと思います。

 子供たちを健やかに育てるには、その母親、そして父親が無理なく子育てできる環境にしなければならない。そうすることで、シングルマザーやシングルファザーも働きやすく休みやすい社会になります」(安藤さん)

※女性セブン2016年3月24日号

【関連記事】
複数男性社員が育休取った場合 取らぬ社員からの不満を懸念
育休3か月取得した32歳イクメン社員「出世街道から外れた」
波風立てずに男性が育休を取る方法とは

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP