ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

認知症当事者座談会 最初に認知症気付いた時を語り合う

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 認知症の問題は、家族の介護負担に注目が集まる一方、置き去りにされてきたのが、意思疎通は難しいと思われがちな「本人」の気持ちではなかったか。そこで本誌は、前代未聞の認知症当事者による座談会を開催した。

 参加者は、民家を改装したデイサービス施設「NPO町田市つながりの開 DAYS BLG!」(東京都町田市)の通所者。市内で妻と2人暮らしの奥澤慎一さん(74)、建設会社勤務だった園田士郎さん(仮名、62)、神奈川県在住の片岡信之さん(仮名、64)の3人に話を聞いた。

──最初に「認知症かもしれない」と気が付いた時のことを教えてください。

片岡:それは、ズバリはわからないですね。色々あって、そうかな、そうかなと思っている間に段々物忘れが酷くなるという感じで。

 色々あったうちの一つは、趣味のアマチュア無線ですね。交信の後、証明書を郵送で交換するんです。交信の最後に何月何日、相手は誰、識別信号というのを聞いておく。中学の頃から始めて、昔は会話だけで明瞭に覚えられました。それが30歳ぐらいから覚えられなくなっちゃって。メモをしないと、頭に何も残らない。

 医者に若年性アルツハイマーの傾向があると言われたのが50代後半かな。それは、知りたくなかったですよ。でも、やっぱりそうか、みたいなところもあって。

〈片岡さんは妻と長男の3人暮らし。電気製品の安全性の試験に携わるエンジニアとして定年まで勤めた〉

片岡:職場ではトラブルになったことはほとんどないです。仕事だと大抵メモするでしょう。まあ、あとは多分、繕ったんだろうけど。

園田:私の場合は3年くらい前、地方の工事現場に長期出張が多かった頃ですね。家族と約束するでしょ。「お土産を買って帰るよ」とか「この日に帰るから食事しよう」とか。それをまるっきり忘れることが続き、娘にきつく怒られた(苦笑)。

 他社との打ち合わせでも発言の辻褄が前の週と合わなくて「約束が違う」と突っ込まれる。そのうち、ちょっとおかしいのかなあと。

片岡:今思うと、私も似たような現象がありました。

園田:波があって、いい時もあるから誰かに気付いてもらわないとわかりづらい。

 最終的には家族に言われて、医者の前で長谷川式テスト(※注1)をやったら30点満点中23点。「20点以下で認知症の疑い」と聞いていたから喜んだら、「普通の人は満点ですよ」と言われちゃって(笑い)。それで専門医のところにいった。

【※注1/長谷川式認知症テスト。認知症介護研究・研修東京センター名誉センター長の長谷川和夫氏が考案した認知症か否かを判断する簡易テスト】

 でも、診断が確定するまで抵抗したい気持ちがありました。だって、ぽつぽつと抜けはあっても、電車も一人で乗れるでしょ。小説も読めるし、好きな料理は自分で作っていましたから。

片岡:全部ダメでもなくて、「血管が切れたから治療する」みたいな病気とは違う。

園田:部下が早く指摘してくれていればとも思うけど、難しいんだろうな。

 広い敷地の工場での仕事の時にこんなことがありました。現場事務所から車で打ち合わせに出て、終わった後、車で来たことを忘れて、キーをポケットに入れたまま歩いて事務所に戻ってしまう。

 で、次の打ち合わせにまた別の車で乗って行っちゃう。で、また忘れて戻ってきちゃう。事務所で「誰だ、ほうぼうに車を置いてきたのは!」という話になって自分のポケットを見たらキーが2つある。参りましたよ(笑い)。

奥澤:私の場合、お二人とはちょっと違います。普通は認知症と宣告されて「地獄の底に真っ逆さま」という心境の人が多いと思いますが、私は告知の瞬間、ホッとしたんですよ。

〈奥澤さんは定年まで朝6時に家を出て深夜3時に帰宅する、石油製品営業の「企業戦士」だった。退職後に始めた事業に失敗、2年で数千万円の借金を抱えて重度のうつになった。それが認知症の遠因になったと振り返る〉

奥澤:6年ほど前のことです。コンビニでタバコを一箱買いました。当然、お金を払うわけですね。ところが不思議なことに、レジの前に陳列してある同じ銘柄のタバコをもう一箱取って、ポケットへ入れてしまう。それで、当然のように店を出ようとして、捕まるんですね。

 警察に突き出されて、家族が引き取りに来る。そんなことを3か月で3回もやったんですよ。全く同じことを。記憶は抜けているんだけど、警察で酷い扱いを受けたのになんで繰り返すのか、自分でも理解できなかった。3回目に警察から「病院で診てもらったほうがいい」と言われました。

園田:そういうのもあるんですね。

奥澤:お二人はアルツハイマー型だけど、私は「前頭側頭型(※注2)」なんです。(認知症患者全体の)6%くらいしかないといわれています。

【※注2/脳の前頭葉、側頭葉に異常タンパク質が蓄積されることが原因で起きる認知症。赤信号をわたるなど「ゴーイングマイウェイ型」の行動で警察沙汰になることもある】

症状としては判断力の低下と、もう一つがなんて言ったっけ……忘れたんですが、万引きみたいな反社会的行動をしてしまう症状がある(注・専門用語では「脱抑制」という)。告知を受けて病気のせいだったとわかって、ちょっとホッとしたわけです。

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

【関連記事】
老母の家が認知症でゴミ屋敷化 子が問題解決までを綴った本
発症まで約20年のアルツハイマー型認知症 40代から予防必要
認知症の医師の選び方 日本認知症学会HPで専門医を探す

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。