体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ギターを修理してもらいながら飲める店がバンドマンの街・高円寺にあった

f:id:Meshi2_IB:20151221131737j:plain

押し入れに眠るギターを持って飲みに行こう!

飲みながらスポーツ観戦ができる店や、ライブを見ながら飲める店など、飲み+体験型の店は数多くあります。ですが、楽器を修理してもらいながら飲める店となるとちょっと見当たりません。

f:id:Meshi2_IB:20151221131738j:plain

バンドマンの街・高円寺に、2015年にオープンした「am」は、まさにそんなお店。ギターやベースなどのバンド楽器の修理・販売を行う専門店として、6年前この地に店を構えた「BUDDY Sound Works」が核となり、セッションしながら飲めるというライブカフェバーとして、2015年1月にオープンしました。

f:id:Meshi2_IB:20151221131739j:plain

ハードロックバンドのミュージシャンのように大きなガタイの店主・山本誠さんは、かつて楽器メーカーのESPに20年ほど勤めていたギター職人。その経験を活かして楽器の修理・販売を行っていましたが、自身の提案する楽器を製作してミュージシャンに貢献すべく、高円寺に「BUDDY Sound Works」をオープンします。6年間の営業を経て、さらに飲食スペースも加わって2015年1月に移転リニューアルしたのが、この店なのです。

f:id:Meshi2_IB:20151221131740j:plain

店内には、そうそうたるミュージシャンの写真がズラリ。独立前、御茶ノ水の楽器街で修理に携わっていた時代からお付き合いのあるミュージシャンをはじめ、それこそ某大御所のロックバンドのプロミュージシャンたちが今も楽器の調整に訪れます。つまり、憧れのミュージシャンと同じ店で、自分の楽器のメンテナンスや修理をしてもらうこともできてしまうというわけ!

──下手くそなので、プロの方々と同じ店で修理してもらうなんておこがましいし、怒られるんじゃないかと心配なのですが、自分のような人間も行って大丈夫なのでしょうか?

「お父さんにもらったアコギを抱えて、女子高生が来ることも結構あるんですよ。僕も初心者だった頃があるし、お店側はそんなこと思ってないですから、気にせずどんどん来てください。普段は、特にバンドをやっているわけではない近所のおばちゃんがお茶しに来たりもします」

以外にも、ゆるい雰囲気! 地域密着型の楽器屋さんでもあるんですね。全然メンテナンスしてないじゃないですか! と怒られるのでは……と楽器屋から足が遠のいていたのですが、何度お聞きしても、本当に大丈夫そう! 安心して、久しくステージの光を浴びていなかったベースを持参し、メンテナンスしてもらいながら飲みに行くことにしました。

f:id:Meshi2_IB:20151221131741j:plain
1 2 3 4 5 6 7次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。