ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

タイプの子には即アタック!今を全力で生きる「直球男子」が魅力的な6つのワケ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

考えることは必要だけど、ためらいすぎていては結果はついてこない。これ、恋愛においても言えることではないだろうか。

Elite Dailyのシニアライターとして活躍するAshley Fern。恋愛において「ためらいのない男性は素敵」という彼女の主張ははっきりしている。

好きな女性にどうアプローチするかは、男性と女性がどの程度の関係であるかによっても変わるもの。つき合っている女性との結婚を考え始めたときには、男性はじつに様々なことを思い浮かべるらしい。

あなたの彼が「正真正銘の男」だと主張するなら、モノゴトの決断を見誤るはずはない。もし、あなたの目の前の女性が運命の人だと本気で思うのであれば、ためらっている暇なんてないのである。

01.
幸運を引き寄せるために
みずから動ける

真っすぐ男性はたいてい恋愛経験が豊富なもの。これは好色男を言っているのではなくて、人生の中で何度か失敗をしてきた恋愛の経験を活かすなかで、自分にとっての運命の人を引き寄せるよう、みずから行動ができるから。そう、待っていたって始まらないのだ。

運命の女性と出会える可能性なんて、宝くじに当選するくらい稀なこと。こう考えてみて、当選したら現金をもらうことにためらったりしないでしょう?

02.
カラダでなく心で抱きしめる

たとえば旅先のレストランで、思いもよらない美味しい料理に出会った夜。早起きして誰もいない砂浜をふたりだけで歩いた朝。それが偶然だったとしても、本当に愛する女性を思うとき、彼女の記憶の一番になりたいと思えるだろうか。

感動を引き寄せることも能力の一部。彼女がこれまでに味わったこともないような経験を演出するのも男性の魅力。彼女を笑顔に変えるためなら努力を惜しまないのが、真っすぐな男の真骨頂だ。

03.
彼女との約束ごとから
決して逃げ出さない

恋人とのあらゆる約束事をきちんと対応できているだろうか。どんなに些細なことだとしても、一度約束したならばそれを守る必要がある。どんなことがあっても。

たとえば記念日を忘れるなんて論外。デートをすっぽかすようなこともない。彼女との約束を煙たがることなく、きちんと向き合えるのは、心からパートナーとなる女性に人生を捧げる覚悟があるからだ。

04.
彼女を失う怖さも
わかっている

意外に聞こえるかもしれないが、ストレートな男性ほど愛する女性を失うことを恐れるもの。運命の女性に出会うとき、彼女が誰か他の人に奪われることを頭の片隅において置くことができる。だから、臆病なのだ。

今この瞬間を充実して彼女のために過ごすこと。言葉に正直で重みがあるのは、彼の刹那的な部分が反映しているからかもしれない。ためらわないことは向こう見ずとは違う。恐怖は決して弱さではなく、自己理解を深めるためのプロセスである。

05.
自分の気持ちを
ストレートに表現できる

ほとんどの男性は自分が相手を思う気持ちを、パートナーも同じだけ理解しているものだと認識しがち。でも、それは思い込みにすぎず、本当のところまったく伝わっていないと思って間違いない。それを言葉で知りたいのが女という生き物。

ためらいのない男性は言葉でも行動でも自分の愛情表現を厭わない。照れやプライドではなく、それが必要だということを嗅覚で感じとれるもの。

06.
肝心なときにも
無駄足を踏まない

彼女の心理を変に探りながら、下心を出し入れするような無駄足をとらないのが、私の思う直球男。場をわきまえる必要なんて、じつはありそうでないのが恋愛ではないか。

少々荒削りでも、自分の気持ちに真っすぐで正直。彼らの無邪気さは素直さの表れだ。

Licensed material used with permission by:Elite Daily


関連記事リンク(外部サイト)

Facebook100万シェア。男性が「絶対に手放したくない」女性の共通点11
男が結婚したいと思う女性に共通する7つの条件
【恋愛テク】どんなに仲良しでも、許してはいけない10のコト

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP