ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

触っただけでストレスが浮き彫りになる「ボール」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ドイツのインターフェイスデザイナー、シモーネ・シュラムさんが開発したのは、ストレスレベルが目に見える「ボール」。センサーによって皮膚から情報を得て心理的なコンディションを測定できるそうです。

つまりは、イライラしているとその度合いに応じて突起部がニュキニョキと出てきます。こんなふうに。

長ければ長いほど
ストレスを感じている

測定方法は、触ったり撫でたりするだけ。もしもストレスがなければ、以下の画像の様に、凹凸のない球体に戻ります。

これが、ストレスフリーの状態。まさに心が安らいでいる感じ。ところで、彼女はなぜこのようなものを開発したのでしょうか?

データは嘘つかない!

「数字は客観的で、人間は主観的です。後者はとても多様ですが、これがあれば、直感的な判断をより確かなものにできます」。

もしも職場や家庭に置いてあったらひと騒動を巻き起こしそうなシロモノですが、一度は試してみたいですよね。

Licensed material used with permission by Simone Schramm

関連記事リンク(外部サイト)

たたんで運べる!折り紙みたいな「カヤック」
家庭用「ロボットシェフ」 料理の腕前がスゴイ・・・850万でも安い!
12年前の今日。世界が変わった。2004年 2月4日 ザッカーバーグ Facebookを開設

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP