ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スムージーの酸化を防ぎ、美味しさを保つ真空ボトル「SANS」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

手づくりのフルーツスムージーや野菜ジュースは、作り置きしたり、持ち歩くことが難しいですよね。なぜなら鮮度が命だから。時間が立てば酸化も進み、栄養素が失われてしまうだけでなく、味や色だって落ちちゃいます。

ここで紹介するのは、中身を真空状態で保存できるボトル。飲みものを注いだ後に空気を抜ける仕組みになっており、鮮度を保てるのだとか。

野菜や果物を新鮮に保つ
真空ボトルって?

スムージーの酸化を防ぎ、美味しさを保つ真空ボトル「SANS」
スムージーの酸化を防ぎ、美味しさを保つ真空ボトル「SANS」

使い方はカンタン。ボトルのフタを閉めて、バキュームポンプを数回プッシュすれば、中の空気を抜けます。

もちろん飲み口は広め。480mlの容量があり、ドリンクホルダーにも入るので携帯に便利。それに、魔法瓶と違って中の色が見られるところも素敵。ボトルを覆っているカバーのカラーバリエーションも豊富です。
スムージーの酸化を防ぎ、美味しさを保つ真空ボトル「SANS」
スムージーの酸化を防ぎ、美味しさを保つ真空ボトル「SANS」

実際、どのくらいもつの?

気になるのは、このアイテムによってどのくらいの違いが現れるのか。「Kickstarter」には、ジュースの変色を見るために、24時間放置して試した画像が紹介されています。試験品によるテストですが、結果がコチラ。
スムージーの酸化を防ぎ、美味しさを保つ真空ボトル「SANS」

これはケール、青りんご、マンゴー、ピーチ、水で作ったもの。結果、「SANS」のキャップを閉めなかった左側のものに関しては、4時間も立たないうちに茶色っぽく変色し始めてしまったそうです。

朝作ったスムージーは、できるだけ早くすべて飲んでしまいたいもの。写真を見る限り、「SANS」なら美味しさを長く保てるかもしれませんね。

今は資金調達中の段階、日本からは送料込みで1つ40ドル(約4,500円)で予約できます。まだまだ改善の余地はあるとのこと。続報に期待しましょう!

Licensed material used with permission by SANS

関連記事リンク(外部サイト)

【絶品!】レンジでチンした「あずきバー」に、雪見だいふくを入れると・・・
【とろ〜り濃厚】カルボナーラトーストにハマりそう・・・
ワッフルメーカーで作る「ピザ」が簡単で美味しそう(レシピあり)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。