ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

スマホでアートに新しい表現を! 空中に3Dアートを描けるアプリがスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

光を使って暗闇に絵を描くというアイデアは古くからあるが、描いた作品を残す方法は、写真や動画ぐらいしかなかった。Adtile Technologies社が開発したスマートフォンアプリ「Air Pencil」は、スマホの背面にあるライトを使って空中に描いたアートをそのままアプリに保存できるという、今までにない機能を持っている。

Adtile Technologiesは、スマホ利用者に向けてよりインパクトがあり、楽しめる広告手法を開発している会社である。たとえば、本体を動かした方向に合わせて表示される広告の内容が変化するMotion Adsという技術があるが、Air Pencilはそれを使って開発されたアプリのひとつである。

iPhone 6sなどに搭載されているMEMS(Micro Electro Mechanical Systems)の3軸コンパスや加速時計、ジャイロスコープの機能を最大限に使い、XYZの3軸方向を正確に測定することで、上下左右はもちろん、奥行きのある光のアートを描くことができる。

光を使ってはいるが、それをカメラで保存しているというわけではないので、露光時間を気にせず自在に絵が描ける。描いた絵はアプリ内に保存され、保存したデータを自在な角度に動かすことができ、オンラインでのシェアも可能だ。

Pencilと名付けていることからもわかるように、サインやメッセージを書くのにも使えるほど手軽だが、それでいて芸術性の高い作品も作れるところが魅力である。たとえば、アート作品のなかに、見る角度によって花が動物に見えるといった「だまし絵」のような立体作品があるが、Air Pencilではそうした作品や、さらなるアイデア次第で新しいジャンルのアート作品を創造することもできる。

ポイントはなんといっても、iPhoneとアプリだけで操作できるという手軽さだ。現在、開発者向けのベータ版が公開されており、申し込めば、開発キットも手に入れられる。開発コミュニケーションもすでにあり、そこで情報共有や意見交換も始まっているので、市販アプリとして手に入れられる日もそう遠くないかもしれない。

関連リンク

Light Painting Enters The 21st Century

関連記事リンク(外部サイト)

「財布がない!?」。顔面蒼白トラブルからあなたを救う、"絶対に忘れない財布"
「電子レシート」でパンパンに膨らむ財布とサヨナラ
目分量であげてない? わんこのごはんあげ過ぎを防ぐ「スマート皿」

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。