体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SKY-HI、総勢14名のバンド&ダンサーを率いた圧巻のステージで飾った全国ホールツアーファイナル

エンタメ
SKY-HI、総勢14名のバンド&ダンサーを率いた圧巻のステージで飾った全国ホールツアーファイナル

2月14日の金沢を皮切りに全国7カ所で開催されたSKY-HIのホールツアーの最終公演が3月13日、東京ドームシティホールで行われた。

昨年末に東名阪のZeppツアーを成功させたばかりのSKY-HIが挑んだ自身初のホールツアー。短いスパンとはいえ、両ツアーのあいだにリリースされ、オリコンウィークリーランキング5位を記録した2ndアルバム「カタルシス」(1月20日発売)を携える形となった。

その緻密に構築されたアルバムの楽曲群をどんなバンドサウンドに仕立てるのか、「生と死」を問うた世界観は生身のライブにおいていかに表現されるのか。アルバムの完成度が高いからこその注目が集まるなか、この日約3,000人(ツアー総動員では1万3,000人)のオーディエンスはそれぞれの想像をはるかに超える光景を目の当たりにすることになった。

紗幕の向こう側にSKY-HIシルエットが浮かびあがる“フリージア 〜Prologue〜”の演出で神々しいまでのオープニングを迎えると、「君の!君の!君の人生をひっくり返しにきた!」という宣言とともに「トリックスター」を始め新旧のパーティチューンを連続投下。バンドとのタイトなグルーヴをつくりながら、高度なラップを(さらに、フックでは歌いあげたり!)繰り出し、且つ、ダンサーを従えて目一杯踊るという離れ業はまさに天はSKY-HIに二物も三物も与えたのではないかという印象を与える。一気にヒートアップさせたあとは、「LUCE」「Young , Gifted and Yellow」「As a Sugar」「F-3」「Enter the Dungeon」など、新しめの楽曲でゆったりさせたり、シリアスなリリックを畳みかけたりと、緩急自在なステージングで終始圧倒。

おなじみのSKY-HI BANDは前回ツアーでのギター、ベース、ドラム、キーボード、ホーンセクション(Tp, Sx, Tb)、DJに、新たにコーラス2名が加わり、もはやバックバンドを背負ったラッパーという域を越え、SKY-HI自身によって完全にステージがコントロールされていた。このあたりのSKY-HI自身による徹底したライブの作り込みについては、5月11日発売のシングル「クロノグラフ」にライブリハーサルの模様が収録された「ツアーメイキング映像」があるので、SKY-HIのこだわりっぷりを覗くことができるだろう。

ライブ終盤では「『カタルシス』をリリースした後、どうしてもこのツアーに間に合わせたくて作りました」という言葉とともに新曲「クロノグラフ」を披露。別れの曲でありながらも、どこか前向きで温かみを孕んだ歌詞とサウンドだ。生きる死ぬの生死観を歌ったアルバム「カタルシス」を経て、次なるシングルで“別れ”を綴ったSKY-HIの境地とはどんなものだろうか…。

MCで「別れは悲しくて寂しいけど、そんな別れを愛する歌です」と語ったように、この曲の温かみにはそんな奥深さが寄り添っていることをしっかり感じさせてくれるパフォーマンスとなった。

関連リンク

1 2次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会