ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

産前産後の花粉症対策。毎年重症で悩む私が、基本『お薬はダメ』でどう過ごす?!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

花粉症、辛いですよね……。

普段はわりと健康でめったに風邪もひかない私ですが、小さい頃からアレルギー性鼻炎で、猫の毛、ハウスダスト、もちろん花粉と、1年の半分は抗アレルギー剤を飲む生活。

花粉症の時期には鼻水の出すぎどころか、喉の粘膜までアレルギーではれ上がり、が止まらず呼吸困難になって、夜中に救急病院に飛び込んだこともあるほどです。

花粉くらい、と我慢するとひどい目に合うと分かっているので、花粉シーズンはとにかくアレルギー反応を悪化させないよう、1ヶ月に1回はかかりつけ医にかかり、漢方薬からとんぷく薬まで、常備薬もバラエティ豊かに取り揃えていました。

そんな私が、

「妊娠してますね」

と医師に告げられたのは12月…例年ならあと1ヶ月で花粉症対策を始める時期でした。

えっ、薬なしで花粉シーズンを乗り切れと?いや無理だろ!

と焦ったものの、当然ながら先生からは無情の『妊婦さんにお薬はダメ!』宣言。

「花粉症はね、そもそも”体に入れない”のが基本!とにかくマスクして、保湿して、服ははたくこと!うがいと手洗いもしっかりね。一応お薬出しますけど、辛いときだけ飲みなさいね」

と漢方薬を処方してもらい、とぼとぼと家路に着きました。

毎年花粉シーズンに入る前の1月から、花粉が終わる6月まで毎日薬を飲み、マスク、鼻セレブ、目薬を標準装備して備えてきた私。

それがなんと、基本的にマスクしか使えないとは…。

もちろん産休前なので毎日仕事には行かねばならず、『装備:ぬののふく』状態で、心細く花粉シーズンに突入したのでした。

ところが、なるべく薬は飲まず、外出時はマスク、帰ったらうがい手洗い、寝るときも空気清浄機と加湿器を稼働し、マスクで保湿する、などの基本行動を徹底してみると、意外と重い症状に悩まされることもなく、5月末には鼻ムズムズも終了。

外出時も箱ごと持ち歩く勢いだった鼻セレブを、一箱消費するかしないかというレベルで花粉シーズンを乗り切ることができたのです!

たまたま花粉が少ない年ではあったのですが、花粉症を心から恐れる私にとっては本当に奇跡のシーズンでした。

「出産を機に体質が変わってアレルギーがひどくなった」

という話は聞いたことがあるのですが、逆に治ってしまうというパターンもあるのでしょうか?

無事に出産を終えた今年も、また花粉シーズンがやってきましたが、去年に倣って、薬に頼らずシンプルに対策してみようと思っています。

著者:中村ユイ

年齢:36歳

子どもの年齢:生後6ヶ月

アパレルメーカーを中心にマーケティング・プロモーションの制作担当としてキャリアを積み、WEBメディアの編集者に。仕事一筋の人生を送る予定が奇跡的に結婚。順調に出産までしてしまい、当初の予定とのあまりの違いにおろおろする日々。産前産後で一番辛いことはお酒が飲めないこと…。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

産んだら治ると思ったのに、まるでゾウの足!産前産後のひどいむくみが解消した意外な方法とは!? by ぴの字
いつかくる巣立ちの日、その時「私」を見失わないために 〜空の巣症候群について考えた〜 by kobeni
胎内からの指令!?謎の使命感に突き動かされ、「今日は絶対オムライス」 by チカ母

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP