体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

三度の飯より漫画が好きな私が選ぶ「古典が好きになったマンガ3選」<みんツイ研>

みんなのTweet研究会”では、同世代のTweet内容をデータ分析のエキスパート企業さんと一緒に分析し、頻出したキーワードを元に大学生ライターが記事にしていきます!

高校生なら誰もが避けては通れない科目、古典。いったん「苦手だな~」と思ってしまうと、なかなかやる気も起きないし、何から始めていいのか分からないし、悩みのタネになっている人も多いのでは?!

今回注目したキーワードは「漫画」。

三度の飯より漫画が好き、そんな私が「これで古典が好きになった!おススメ漫画3選」を紹介します。

「超訳百人一首 うた恋。」

杉田圭(著)2010/8 KADOKAWA

百人一首で馴染みのある和歌の中から恋愛物だけを抜き出して、平安貴族達を中心に読み手を取り巻くラブストーリーを追った「うた恋。」シリーズ(全4巻、番外編2巻)。優雅で華やかな貴族の生活の中にある、切なくて涙が出るような話の数々に、どんどん引き込まれていきます。(ちなみに、私は泣きました。)

綺麗なイラストの細かい所に古典の知識、原文の内容が散りばめられていて、漫画として楽しみながらしっかりと勉強になるシリーズです。学校の授業で原文を読んだ時に、「ああ!『うた恋。』のあの部分はこのことを描いていたのか!」とはっとすることも多々ありました。

時代が変わっても日本人の感性は少しも変わらないんだな、和歌ってロマンチックだな、と古典ファンになること間違いなしです!

「日本人なら知っておきたい日本文学 ヤマトタケルから兼好まで、人物で読む古典」

蛇蔵、海野凪子(著)2011/8/25 幻冬舎

これは日本の代表的な古典文学を、その作者に注目して読みやすいコマ割り漫画でまとめた一冊。作者に注目するという視点が斬新で、史実に基づきながらもユーモア溢れる内容が痛快です!

更科日記の「菅原考標女」を「夢見るオタク少女」と称したり、徒然草の「兼好法師」を脱サラ・フリーランサーと呼んだり…なんだか歴史上の人物に、一気に親しみが湧いてきませんか?

今でも共感できる“あるある”もたくさんありました。

「ヤマトタケルから兼好まで~」とありますが、主に平安時代中心の内容になっています。その時代に日本古典文学は全盛期を迎えていたということでしょうか。まるでそれぞれのエッセイ漫画を読んでいるような、そんな気分で楽しめるコミックです。

「源氏物語 千年の謎(1)(2)」

1 2次のページ
スタディサプリ放課後版の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。