ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

DMM mobileの新価格プラン、イオンモバイルを意識?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

DMM mobileは3月11日、データSIMプラン・通話SIMプランの価格改定を発表しました。
今回の価格改定では、4月1日よりデータSIMでは1GBプランの料金を従来の590円から480円、8GBプランで同2,140円から1,980円に値下げする他、通話付きSIMでは2GBプランを同1,470円から1,380円、8GBプランで同2,840円から2,680円とするなど、新たな低価格プランを打ち出しました。

 

 

下記の表に示したように、今回の低価格化は、2月26日よりサービスを開始した格安SIM「イオンモバイル」の価格帯を意識していることが内容からうかがえます。(なお、イオンモバイルではサービス開始直後より登録遅延など受付での混乱が続き、3月14日現在、インターネット受付や店頭即日渡しができない状態となっています。)

 

・データのみ

通信容量 DMM mobile(旧料金) DMM mobile(新料金) 参考:イオンモバイル
1GB 590円 480円 480円
8GB 2,140円 1,980円 1,980円
12GB  — — 2,680円
15GB 4,570円 3,600円  —
20GB 6,090円 4,980円 4,980円

 (今回の価格改定分のみ掲載、以下同じ)

・音声付きデータ(SIM1枚)

通信容量 DMM mobile(旧料金) DMM mobile(新料金) 参考:イオンモバイル
2GB 1,470円 1,380円 1,380円
5GB 1,970円 1,910円 —
6GB — — 1,980円
8GB 2,840円 2,680円 2,680円
10GB 2,950円 2,890円 —
12GB — — 3,280円
15GB 5,270円 4,300円 —
20GB 6,790円 5,980円 5,980円

 

・音声つきデータシェア(音声SIM1枚+データSIM2枚)

通信容量 DMM mobile(旧料金) DMM mobile(新料金) 参考:イオンモバイル
8GB 2,840円 2,680円 2,980円
10GB 2,950円 2,890円 —
12GB  — — 3,580円
15GB 5,270円 4,300円  —
20GB 6,790円 5,980円 6,280円

 

大手キャリアにおける携帯料金の高さが取り上げられる中、多くのスマホユーザーにおいて格安SIMに対する関心が高まっています。今回のDMM mobileの価格改定に見られるよう、もともと料金の安さを売りにした格安SIMにおいても、料金プランの多様化や即日MNP対応など、さらなるユーザー層の拡大に向けた動きが加速しそうです。

(文:SIM通編集部)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
SIM通の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP