ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

離乳食にも◎!『圧力鍋が必要』と思っていた料理、炊飯器にポポイのポイで大成功

DATE:
  • ガジェット通信を≫

離乳食を作る時に、圧力鍋があるととても便利だよとよく言われました。

短時間で食材の芯まで味を染みわたらせ柔らかく仕上げる圧力鍋、憧れます。

しかし、安くないし、場所もとります。

圧力鍋っていうと、一度に大量に料理ができてしまうイメージもありました。

煮物ばかり大量にあっても、食べるのは身体の小さな娘が一人だけだし、冷凍にも限界があるし、購入には踏み切れませんでした。

しかし、炊飯器で普通のご飯と一緒に湯のみで離乳食用のおかゆを作っているときに、お米以外でもできないかなと思いました。

湯のみにお米のかわりに小さく切ったニンジンを入れて、ご飯を炊いてみました。

見事に失敗しました。

芯が残っている感じがしたし、お米に人参のニオイがついてしまいました。

しかし、この手が使えるのではとレシピサイトを覗いてみました。

お米のついでに何かをしようと欲張るから失敗したようです。

炊飯器にサツマイモやジャガイモ、ニンジン、カボチャと水を一合分入れて炊飯してみました。

すると見事にホクホクの温野菜が出来上がりました。

水が少ないせいか、野菜の味が濃厚で色が鮮やかな気がします。

娘には最初、微塵切りにした野菜をビニール袋に入れて、手でグニグニと潰してから与えていました。

成長に合わせて微塵切りにしたり、スティック状に切って自分で持たせたり、蒸しパンや卵焼きの具にしました。

大人はサイコロに切って、塩を振って食べるととても美味しかったです。

野菜と一緒にマギーブイヨンとウインナーとローレルも入れるとポトフになりますが、あとでよく炊飯器を洗わないとローレルのニオイが取れないのと、全部一緒に加熱すると玉ねぎやセロリが溶けてしまうという難点があります。

最初に固い野菜と調味料を少なめに入れて炊飯器で炊き、離乳食用のとりわけをして、大きな鍋に移して柔らかい野菜と追加の調味料を入れるとうまくいきました。

圧力鍋を買わなくても炊飯器が大活躍してくれて本当に助かっています。

でも、鍋と違って途中で蓋をあけて様子を見られないのがちょっとドキドキします。

著者:ぽよん

年齢:32歳

子どもの年齢:1歳4ヶ月

餡子が大好きです。特に濾し餡派です。大福もお団子もオハギも濾し餡一択。濾し餡の鯛焼きが無くて鯛焼きメーカーを買って自分で濾し餡の鯛焼きを作るくらい大好きです。なんでこんなに美味しいのかしら。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

日本のママがうらやましい!ベルギー流の離乳食を強制され、小児科医に思わず反発
娘のため、「賭け」で山の向こうの店へ。赤ちゃん用の非常ストックの大事さを痛感
野菜たっぷりなのに子どもパクパク!秘密は離乳食にも取りわけにも便利なあの道具

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP