ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

顔ヨガ始め人生変えた奇跡の66才 夫「今が旬やな~」と喜ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1回10秒で小顔、若顔に! 昨年10月に発売された『日めくり まいにち、顔ヨガ!』は3万部を超える大ヒットを記録している。そんな顔ヨガで顔だけではなく、人生を変えた女性のシンデレラストーリーがあった。

 第8回ミセス日本グランプリに輝いた、現在66才の上野潤子さんだ。4才と0才の2人の孫がいるれっきとした“おばあちゃん”だ。上野さんの受賞(60代部門)も、顔ヨガが大きく起因している。

「キュッと口角の上がった笑顔を本選中、40分間キープできました。これも顔ヨガで頬の筋肉を鍛えていたから。応援の友人にも“ほかの人は笑顔を段々忘れていったけど、あなたはずっと笑顔だった”と言われました」(上野さん・以下「」内同)

 華やかで好印象な笑顔をつくるには顔の筋トレが不可欠だ。審査員から「常に素敵な笑顔だった」と評された上野さんが顔ヨガを始めたのは本選8か月前のこと。

「知人の紹介で始めたのですが、とにかく皆さん楽しそう。レッスン中はお互いを褒め合い、笑いが絶えない。器具もお金も使わず、いつでもどこでもできて、すぐに結果が出る。こんなエクササイズはほかにない」

 顔ヨガを始めて、目の大きさとフェイスラインが大きく変わった。若顔を手に入れた“奇跡の60代”として受賞後は、テレビで紹介されるなど、ひと際注目を集めた。夫も「今が旬やな~」と喜んでくれているという。

 今でも、自転車の運転中、歯磨き後、入浴中など顔ヨガを続けてさまざまな効果を得ている。

「顔ヨガはリンパの流れがよくなりツヤ肌作りに最適です。大きく目を動かすことで老眼が改善され、目のまわりのたるみも解消しました」

 顔ヨガ講師の資格も取得した彼女が目指すのは10年後だ。

「顔ヨガを続ければ70代の顔も今と変わらない気がします」

撮影■坂本道浩

※女性セブン2016年3月24日号

【関連記事】
ミセス日本グランプリ 勝因の一つは顔ヨガで鍛えた豊かな表情
「疲れ顔」に悩むはあちゅう 顔ヨガ体験し筋肉の使い方実感
同窓会に備える顔ヨガ 事前頬上げと直前デトックスで若返り

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP