ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

稲垣吾郎「ヒロくんとチーズフォンデュ」から窺える充実ぶり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 SMAPの稲垣吾郎(42)主演のミュージカル『恋と音楽FINAL~時間劇場の奇跡~』(パルコ劇場)が8日、千秋楽を迎えた。

 SMAPといえば、今年早々に起きた“騒動”がまだ尾を引いており、毎週どこかの週刊誌や夕刊紙で報道されている。

 それでも、草彅剛(41)は4回のスペシャルドラマから連続ドラマに昇格した『スペシャリスト』(テレビ朝日系)がスタートする日、予定どおり電波ジャックを行った。

「電波ジャックはないかも」と噂されていた香取慎吾(39)も『家族ノカタチ』(TBS系)の番宣に精を出していた。

 が、稲垣のミュージカルだけは、通常なら行われるゲネプロ公開や囲みがなかった。

 記者は不安を抱えながら初日の舞台を観に行ったが、幕が開いた途端、そんな気持ちは吹っ飛んだ。おなじみのテーマソングに合わせて軽やかにステップを踏み、エンジェルボイスともいうべき甘い声で歌う“吾郎チャン”は、いつも通り、いや、いつも以上に“吾郎チャンワールド全開”だったのだ。

 パート1から共演している真飛聖(39)との息はますますピッタリで、パート2でも一緒だった“美魔女”北村岳子(39)の激しすぎるアプローチにも身体を引くことなく、全く動じない。

 小倉久寛(61)、福本伸一(54)という、普段はなかなか並ぶことのない俳優とも馴染んでおり、もっとも若い、杉ありさ(27)のことはしっかりリードしていた。

 稲垣はパルコ劇場との相性が抜群で、劇場関係者とも気心が知れている。そんなホームグラウンドとも言うべき場所ということで、リラックスもしていたのだろう。初日のカーテンコールで稲垣は、最前列の観客の靴紐が解けてしまっていることを指摘。

「ずっと気になってたんですよね……、それぐらい(ステージと客席が)近いっていうことです」と言ってニヤリと笑い、舞台の袖に消えていった。

 騒動について何か触れるかと思いきや、全く触れずに普段通りのテンション。SMAPの中で中間管理職と言われ、マネジャー陣とメンバーの連絡役をすることもある稲垣は、もしかすると、メンバーの中でいちばんメンタルが強いのかもしれない。

 実は東京公演の前に2日間だけ大阪公演があり、マスコミからもファンからも、無事に幕が開くのか、稲垣がどんな表情で舞台に立っているのか、注目が集まっていた。が、そこでも稲垣は涼しい顔で、公演をこなしたのだった。

 その後、何度か公演を観てみたが、回を重ねるごとに進化する舞台を、「ちょっとオーバーになりすぎてるよね」「だんだんコントみたいになっていってる」と分析。

 真飛聖が千秋楽が近づくにつれ涙ぐむ場面にも、稲垣はずっと笑顔だった。
 
 この時期に、タイトルに「FINAL」と付いたことに対して、心配するファンも少なくなかったようだが、それは会場の関係であって、大きな意味はなかった模様。恐らく、千秋楽も稲垣は涼やかな顔で主役をつとめあげるのだろう。

 ちなみに、記者が最後に観に行った日の稲垣の挨拶は「気をつけて帰ってくださいね。ぼくはヒロくん(同居人男性)とチーズフォンデュでも食べます」だった。

 とにかく、吾郎チャンは元気だったのである。

【関連記事】
菅野美穂 稲垣吾郎と破局の裏に、結婚・出産への強まる思い
単独売り上げ100億円 水も油もいらない冷凍ギョーザの秘密
稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾がこの夏は何点だったかを報告

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP