ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

野球解説者・杉本正氏 和田毅のソフトバンク復帰は大きい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ペナントレース開幕まであと少し。セパ3球団で投手として活躍した野球解説者の杉本正氏に、今季の順位と個人タイトルの獲得予想を聞いた。

●セ・リーグ予想
(1)巨人、(2)ヤクルト、(3)横浜、(4)阪神、(5)広島、(6)中日

●パ・リーグ予想
(1)ソフトバンク、(2)日本ハム、(3)西武、(4)ロッテ、(5)オリックス、(6)楽天

 混戦のセでの連覇は容易ではありません。投手力が整備されている巨人が今年も優勝候補の筆頭でしょう。

 注目はラミレス新監督の横浜。クローザーの山崎(康晃)がおりルーキーの今永(昇太)が戦力になれば面白い。阪神は4位。総合力ではまだ厳しいと思います。

 パはソフトバンクが頭一つ出ている。打線は李大浩が抜けたが、内川(聖一)を一塁に使うことで外野に機動力のある選手を置ける。それ以上に投手陣が万全。クローザーとセットアッパーがいいだけに、先発の和田(毅)の復帰は大きいですね。

 他の5球団は団子状態。注目はエースと4番が決まっている日本ハムです。オリックスは昨年優勝候補ながら低迷したショックが大きく、巻き返すには時間がかかるでしょう。これはセの広島も同じことがいえますが。

●個人タイトル予想
セ=首位打者:川端慎吾(ヤクルト)、本塁打王・打点王:バレンティン(ヤクルト)、最多勝:菅野智之(巨人)、最優秀防御率:菅野智之(巨人)、最多奪三振:藤浪晋太郎(阪神)

パ=首位打者:秋山翔吾(西武)、本塁打王・打点王:中田翔(日本ハム)、最多勝・最優秀防御率・最多奪三振:大谷翔平(日本ハム。ただし、投げることに専念すれば)

※週刊ポスト2016年3月25日・4月1日号

【関連記事】
達川光男氏 セは優勝狙える広島、パはオリックスに注目
江本孟紀氏 セは中日が優勝、根拠は2つある
パ・リーグ予測 打力のSBと投手力のオリックスの一騎打ちか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。