体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

オリーブオイルを上手に使って美容と健康に役立てよう!

オリーブオイルを上手に 
使って美容と健康に役立てよう!

オリーブオイルを上手に使って美容と健康に役立てよう!

スーパーに行くと何種類ものオリーブ油が揃っていて、値段もさまざまです。
昨年は亜麻仁油やココナッツオイルなど機能性オイルが大人気となりましたが、ここで元祖機能性オイルともいえるオリーブオイルの健康効果についても見直しておきましょう!
他の機能性オイルより種類も豊富で、スーパーなどで手軽に手に入れることができます。
実は3月15日はオリーブの日。オリーブオイルの魅力について改めてご紹介します。

オリーブオイルってどんなオイルか復習!

菜種油やごま油などは種子から抽出されるオイルですが、オリーブオイルはオリーブというモクセイ科の常緑高木の生の果肉から絞った果汁に含まれる油分から採られるものです。
オリーブオイルの発祥はスペインやイタリア、ギリシャなどの地中海沿岸。
同じ地中海沿岸でも土の成分や気候など環境の変化によって味や香りが変わってくるというのもオリーブオイルの特徴であり楽しみ方の一つでもあります。

2種類のオリーブオイルとそれぞれの違い

ひとくちにオリーブオイルといっても種類はさまざまです。日本で取り扱いが多いのは「バージンオリーブオイル」と「ピュアオリーブオイル」の2種類。
バージンオリーブオイルはオリーブの果肉を絞り、濾過をしたもので、その間に化学的な処理などを一切行っていないものです。
そのため、風味を活かして加熱せずにサラダやカルパッチョなど生食としていただくのに向いています。
バージンオリーブオイルの中でも油の酸化度合を表す酸度が0.8%以下と非常に低いものを「エキストラバージンオリーブオイル」と呼びます。
色味も濃く、香りも芳醇であることから、「オリーブのジュース」と表現されることもあります。
ピュアオリーブオイルはバージンオリーブオイルに精製したオリーブオイルを混ぜ合わせたもので、香りもそれほどないのが特徴です。
そのため素材の味を邪魔せず頂くことができ、炒め物や揚げ物など普段の加熱調理の際にサラダ油のような感覚で使うことができます。
つまり料理や用途によってこの2種類のオリーブオイルを使い分けるのが上級者テクニックなのです。

オリーブオイルで健康になれる秘密!

オリーブオイルを摂ると健康になるというイメージが強いかと思いますが、それはオリーブオイルの成分に秘密があるのです。
オリーブオイルの主成分である「オレイン酸」は酸化されにくいという特徴があります。
油が私たちの体に悪影響をもたらす大きな理由の一つが「酸化」です。
脂肪酸が活性酸素と結びつくと過酸化脂質となり、血液の質が悪くなったり、詰まらせる原因となり、病気を引き起こす可能性があります。
しかし、オレイン酸は酸化されにくいという特徴がありますので、血液や血管の病気の原因となりにくいのです。

またオレイン酸の健康効果として、体内の悪玉コレステロールを減らすのに役立ったり、胃の中での滞在時間が動物性の油に含まれる飽和脂肪酸に比べると短いことから胃への負担が少なかったりということが報告されています。
質の良い油を適量摂ることは、ホルモンの材料となるだけでなく、スムーズな便通を促すことにも役立ち、健康な体を保つためには欠かせません。
このようなことから、オリーブオイルは体に良い、といわれるようになりました。
100歳を過ぎても現役医師として大活躍されている聖路加国際病院 名誉院長の日野原重明先生も大さじ1杯のオリーブオイルをオレンジジュースに入れて毎朝飲んでいることで知られています。

1 2次のページ
カラダにキク「サプリ」の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会