ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MY FAVORITE 5 SOUNDTRACKS FUMIKO AOYAGI

DATE:
  • ガジェット通信を≫

女性アーティストやクリエイターが、サウンドトラックを軸に心に残る映画を紹介する好評企画。

第3弾には、ファッションモデル、女優として注目を集める青柳文子がセレクターとして登場。

ELVIS PRESLEY – Mystery Train
「ミステリートレイン」

ジムジャームッシュの中でも大好きな映画で、この曲を聴くと好きなシーンや映画全体の空気感が一気に記憶に呼び戻されて気分があがります。なんだか陽気な旅に出たくなる。あとこの時の工藤夕貴さんなんて死ぬ程キュート。。

John Barry – follow,follow
「FOLLOW ME」

こちらも大好きな映画で、男女のすれ違い、育ちの違いなどから生まれる摩擦が描かれる中、なんとももの悲しく流れるこの曲、恋の憂いに浸るにはもってこいです。。!

various artists – Daisies
「ひなぎく」

この1曲!というものはないのですが、サントラ聞いているだけで映画を観ているような気に。アップテンポなものからおもちゃのような音まで盛りだくさんで楽しい。映画ありきじゃないと絶対自分では探して聞かなかったような音楽に出会えるのが良いです。

Bow Wow Wow – Aphrodisiac

「マリーアントワネット」

ソフィアコッポラ映画の音楽の使い方は毎回ずるいです(泣)あんな可愛い映像にUKポップをかけ合わせられたら、どポップすぎて好きにならずにはいられない。素直に若者を謳歌している気持ちになれて最高!この曲に限らず全部もう手放しで好きです(泣)

中谷美紀 – まげてのばして
「嫌われ松子の一生」

主人公、松子が幼少時代に歌っていた曲を大人になった松子演じる中谷美紀さんご本人が歌っているもので、個人的に歌う中谷美紀さんファンでもあったので、なんとも私得で豪華な1曲。劇中使われる他の曲もすべてポップでバラエティ豊で中谷美紀さんとAIさんがセッションしていたりするのも貴重すぎると思っています。

青柳文子
ファッションモデルの傍ら女優業もこなす人気青文字系モデル。独創的な世界観とセンスで20代全般の同姓からの支持が高い。雜誌の他、映画、TVドラマ、バラエティ番組、アーティストMVと多方面で活躍中。企業商品プロデュースや執筆業など様々な分野で多彩な才能を発揮している。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP