ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

育児テクだけじゃない!パパも子育て仲間と交流できて両親学級はメリットいっぱい

DATE:
  • ガジェット通信を≫
f:id:akasuguedi:20160311131404j:plain

はじめての子を妊娠中、妻が様々な情報を調べて母親学級に参加していました。

私は、母親学級や父親学級というものがなんのことか、最初は全くわからず、

「妊娠中に気をつけることとか、産後のために準備するものとかを教えてもらうのかな」

程度になんとなく考えていました。

また、それがいつ、どこで行われているのかわからず、妻がどうやって探したのかも知りませんでした。

実は、住んでいる市などが子育てに関する情報をホームページでしっかり広報していたり、毎月届く広報誌などにもしっかり掲載されていたんですね。

子どもができるまで全く気にしていませんでしたが、とても実用的な講習、体験会やこのような母親学級などがたくさんあるのを知りました(しかも、ほとんどが無料)。

広報誌などは、子どもに関する意外にも、興味深い講演会やイベント情報などが掲載されています。

自分の住んでいる地域の良さを見直した次第です。

話がそれましたが、様々な子育てに関する情報があり、母親学級では新生児についてや、沐浴のやり方など産後すぐに役立つ有り難い講習などがあるようでした。

参加した後に、妻から話を聞くと、同世代の妊婦さんと交流できたのも楽しかったし、これから必要なことも整理できて良かったとのこと。

両親学級もあるのですが、仕事で行くことが難しかったため、私は妻の妊娠中には参加できず…。

産後に、ようやくベビーマッサージのイベントに参加し、たくさんの赤ちゃんやご両親と一緒に楽しく過ごせました。

妻が言っていたように、同じ年齢の子どもを持つパパに会えたり、話したりできたことは楽しかったです。

同じようなことを心配したり、苦労しながら子育て中なんだろうなと思うと、仲間意識も芽生え、自分も頑張ろうと改めて思えました。

「当たり前だけど、自分たち夫婦だけが子育てしているんじゃないんだな」

と感じられることは、このようなイベントに参加する大きな意義かもしれません。

その後、そのようなイベントに行くことに興味がわき、様々な情報をかき集めて妻に得意げに見せましたが、周りのママ友に教えてもらって、それらをすでに知っていたという寂しいことがありました。

ママのネットワークは想像以上に凄いようです。

f:id:akasuguedi:20160311131432j:plain

著者:けー

年齢:34歳

子どもの年齢:3歳3ヶ月

現在、一児のパパ。 今年から幼稚園に通う女の子と、2人目を妊娠中の妻とのんびり過ごしています。家族みんな散歩が好きで、休日はあてもなく歩いたりしています。 最近、育児中のパパ同士の会などをよくやっています。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

うわさの妊婦体験スーツはダサかった。新米パパママなら行って損なし!両親学級 by 前川さなえ
うちの夫じゃなくてよかった…!?両親学級で出会った衝撃のご主人  by フクミー
「ママ友作って帰ってね」と言われても…初めての両親学級 by 鳥頭ゆば

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。