ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】漫画家「清野とおる」と「福満しげゆき」はどっちが凄いのか / 2ちゃんねるで激論

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エッセイ漫画家として絶大な人気を誇る、清野とおる先生。週刊ヤングジャンプで「ハラハラドキドキ」を連載した経験を持ち、ここ最近は「ウヒョッ! 東京都北区赤羽」や「ゴハンスキー」、そして「そのおこだわり俺にもくれよ!!」が話題となっている漫画界の鬼才である。

・妻フィギュアが作られるほど人気
そしてエッセイ漫画家として忘れてはならない存在が、福満しげゆき先生だ。月刊漫画ガロでデビューし、「僕の小規模な生活」や「うちの妻ってどうでしょう?」が大ブレイク。こけしのような表情をした、ずんぐりむっくりな妻の描写が「異様に色っぽい」と読者から好評で、妻フィギュアが作られるほど絶大な支持を得ている。

・どちらも同じポジションに見える?
そんなふたりがインターネット掲示板2ちゃんねるで比較され、「どっちが凄い漫画家なのか」が議論されている。どうしてふたりが比較されるのか? それにはいくつか理由があるようだ。

両者とも1997~1998年の同時期にデビューし、エッセイ漫画がメイン。ふたりともストーリー漫画も描いているが、エッセイ漫画の印象が強い。読者からすれば、どちらも同じポジションに見えるのである。

・ふたりに対するインターネット上の声
「実質1冊の売上はたいした事ないと思う。多分累計だけだったら福満のが上じゃねえの?」
「清野は赤羽で20万部らしいな。その上ドラマ化までした。同じアクションでエッセイ描いてた身としてはどんな気分?」
「年商だけで言えば 清野>福満 なんだろうけど純粋に年収だけで言えば圧倒的に 福満>清野 だろう」
「清野くん、どんどん出世していくなw さすが元ジャンプ作家」
「年収600万だけど清野さんの収入は正直うらやましいです」
「福満もメジャーになるとつまらなくなるだろうから今のままでいい」
「清野は35にもなって未だ独身。人生においても福満のが勝ち組」
「エッセイ漫画のネタはなくてもルポ漫画なら描けるだろ。本気さえ出せばその分野で先行してる清野にだって勝てるぞ」
「清野を見習え」

・福満先生は絵がウマイ?
ほかにも「漫画だけだったら絵も話も福満の方が絶対上手いし面白いよ。けど福満はコミュ障が災いして自己プロデュースが下手だからなあ。福満に清野の計算高さと腹黒さが10分の1でもあればなあ」という声もあった。この件に関して漫画ファンの女性に話を聞いたところ、以下のようにコメントしていた。

・漫画ファンのコメント
「清野先生と福満先生、同世代のエッセイ漫画家という点では比べてもいいと思います。どっちもヘタウマ系ですし。ただなんにせよ結論が出る話じゃない。たとえば「国語が好きなら福満しげゆき、社会が好きなら清野とおる」みたいな感じですね」

・これを機会に読んでみる?
……などなど、さまざまな意見が出ているようだが、どっちが凄いのか、結論は出ていない。まあ、結論が出るようにも思えないが……。とりあえず、まだ清野先生と福満先生の漫画を読んだことがない人は、これを機会に読んでみるといいだろう。どちらの作品も「一度読みだしたら止まらない面白さ」があると言われている。

・僕のはきだめ劇場
ちなみに福満先生は、コアマガジンの人気雑誌「実話BUNKAタブー」でテキストのエッセイも執筆しており、「2ch見てるほうがマシなレベルの! 僕のはきだめ劇場」というタイトルで連載している。気になる人は読んでみよう。

https://youtu.be/P_B7WZwZgJo

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2016/03/14/fukumitsu-seino/

福満しげゆき小規模なスレ56

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP