体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

彼らにほんと感謝!江戸幕末〜明治時代の味わい深きあのカラー古写真は当時こうやって作られていた

江戸時代の幕末〜明治時代初期の古写真にはカラー写真のように色鮮やかなものがよくみられますよね。当時はカラー写真はまだありませんから、あれらの写真はモノクロ写真を着色したものなんです。

2683776022_dd97329d92_z

こういった手法の写真のことを「彩色写真」あるいわ「着色写真」と呼び、当時日本に観光に来る外国人観光客にはとても人気が高かったそうです。いまでいう観光地のポストカード的なものだったのでしょうか。

2683763268_ce7a990019_z

また、当時日本最大の開港地であった横浜を中心に人気となったお土産だったため「横浜写真」とも言われていました。横浜写真の代表的な写真家であったイタリア人のAdolfo Farsarii(アドルフォ ファルサーリ)もまた、当時は横浜を中心に活動していました。

明治時代の色々な古写真をカラー彩色させた写真「横浜写真」がおもしろい!

彼らにほんと感謝!江戸幕末〜明治時代の味わい深きあのカラー古写真は当時こうやって作られていた
明治時代に横浜を拠点に活動していたイタリア人写真家、Adolfo Farsari(アドルフォ ファルサーリ)。彼は1873年に日本に渡って以来、外国人向けの観光写真やガイドブックなどの制作を行っていま…

写真に着色する作業はもちろん写真家一人でやっていたわけではなく、ちゃんと着色担当の技師がいたそうです。

江戸時代末期から昭和初期にかけて活動し、日本の写真文化史に影響を与えた写真家 日下部金兵衛もまた、横浜写真には外せない人物。日下部金兵衛は元々は写真に着色を施す着色技師として働いていた写真家なんです。

幕末〜明治期の古写真が無料ダウンロード!幕末の写真家 日下部金兵衛による美しい日本の姿

彼らにほんと感謝!江戸幕末〜明治時代の味わい深きあのカラー古写真は当時こうやって作られていた
江戸時代後期〜明治期の日本の写真文化を語る上で外せない人物がいます。古写真ファンにとっては知られた存在なのが、日下部金兵衛。日下部金兵衛は江戸時代末期から昭和初期にかけて活躍した写真家。横浜の…

当時、写真に着色をする作業というのはどのように行われていたのでしょうか?その様子をとらえた古写真がこれらの写真です。CdPogRCVIAA2xTu.jpg-large

当時の日本はどのような光景だったのかを知る上で古写真は大切な手がかりとなるわけですが、さらに色彩豊かに伝えてくれる横浜写真(着色写真)は日本の歴史を紐解く上でどれほど重要な資料になっているのかは計り知れないでしょう。

写真に着色する技師を撮影した写真・・・。ちなみにこの写真は自分たちで着色したんでしょうかね?どうでもいいですね・・・。

当時の着色技師の技術のおかげで古写真が歴史研究のより一層の手助けになり、古写真をより楽しめていることを考えると、この着色技師らの写真には感慨深いものがありますね。

1 2次のページ
Japaaanマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。